日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS あみだくじ

<<   作成日時 : 2008/07/23 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

会社の今所属している部で、とあることを担当する委員を決めるためにあみだくじをやりました。候補に挙げられた私を含む7人が会議室に集合し、前任者の委員があみだくじの中の1箇所に当確印を付けて隠して、1人ずつ自分が選ぶスタート地点とランダムな横棒の付け加えを実施。開封して当確印からくじをたどってみると、私の2つ隣の棒を選んだ人が当選しました。本命とされていた人で、自分が就任するのを回避するために他の6人を巻き込んで抽選に持ち込んだのでしたが、やはり本命に当たるべくして当たってしまうということでしょうか。
しかし、紙が最後に回ってきて最後の1箇所に自分の名前を書いた人が追加した横線に注目してみると、実はそれがなければ方向が変わって私を直撃していたことが判明。うわー、危ないですなー。線を1本追加するごとにどこかで運命が反転しているというのがよく分かる例ですね。
あみだくじというのは、実際のところ完全に公平ではなく、完全にランダムな横線の引き方を考えるとスタート地点の真下に落ちる確率が高く、そこから横へずれていくにしたがって確率は下がっていくものです。ですので、インチキで当たりの場所が分かっている時に、それを引きたいのであればその真上を、引きたくないのであればそこから一番離れた場所を選ぶのがベストだとされます。それを考えて私は一番端の棒を選んだのですが、実際のところ当確の印はそのすぐそばだったので、反対側の端が確率最小でしたね。なお、結果的に見れば、当選者の選んだ位置の真下が当確印だったので、見事に理論通りであったということになります。外れれば面白く見ていられるものですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あみだくじ 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる