日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 地上デジタルのデータ通信

<<   作成日時 : 2008/08/13 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

実家には37インチの地デジ対応液晶テレビが導入されており、その大画面と綺麗な映像にさすがだなと思っているところです。さて、地デジというとデータ通信機能があるわけなのですが、うちの実家ではこれが以外に有効に生かされていることに驚きました。パソコンを設置してYahoo! BBを引いてあげたところ、いつの間にかストリーミングでプロ野球を見るようになっていたことにも驚きましたが、技術的に疎い両親でもやりたいことがあればこれくらいやってしまうのだなと思います。地デジのデータ通信も利用目的は似たような感じで、プロ野球の放送がない時(途中で打ち切られた時)にその後の経過を表示させています。台所作業をしながら途中経過を追うためにはパソコンより便利なようです。
今は開催されている北京オリンピックのメダル取得選手一覧とかも表示していますね。しかし、国別の取得数ランキングとかが分からなかったので、これについてはPCで検索といったあんばい。やはり細かいところが調べられるのはパソコンには全く敵いませんが、これだけいろいろな情報を常時取得できるというのは従来のテレビからすると革命的な進化だという感じがします。テレビにデータを流してどうする、と思っていたのですが、意外に使えますね。インターネットを使いこなせない高齢者層でもこれなら使えるような気がします。
仕組み的には常時データを放送電波に乗せて流し続けていてローカルでキャッシュし、リモコン操作に応じて表示させているはずなので、チャンネルを切り替えてしばらくは表示することができませんね。全データをキャッシュするまでは表示できないのでしょう。アップロード側の通信手段がないですし(オプションで付けられるはずですけど)。Wikipediaによると、そもそもアップロード機能に対応した番組がまだほとんどないそうで…。
個人的には、自分が導入するのはB-CASがどうなるかを見てからだな、と思っています。実家ではB-CASの登録を行ったとのこと。ダビング10ももう少し何とかなりませんかね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
地上デジタルのデータ通信 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる