日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 治山工事

<<   作成日時 : 2009/05/05 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は祖父の家に顔を出してきました。裏山に治山工事が行われたそうで、見ない間に風景が一変してしまった様子にびっくりしてしまいました。これまでは単なる崖で藪にもなっていたのでそこに立ち入るなど考えもしない場所だったのに、すっかり綺麗に段切りされてしまって人工的な山になってしまっていました。家の裏側からも光が入るようになったので明るくなった感じがします。
今のところは土がほとんどそのまま顔を出していますが、植物の種子を撒いてあるそうで、一部からは既に芽を吹いていました。そのうち全体が緑色になるのでしょう。斜面はかなり急で、土盛でこの傾斜だと雨が降るとすぐに崩れてしまいそうな気がしてしまいます。表面をきちんと植物で覆ってしまえば大丈夫なのでしょうか。一部に丸太とコンクリートを組み合わせた階段が作ってあって、一番上まで登ることができるようになっていました。これを使って登ってみましたが、登るのは簡単でも、降りるのはかなり怖いです。足を踏み外すと、たぶん一番下まで止まらずに転がり落ちてしまいます。最上段には金網のフェンスがしてあり、その先は平地が造成されていました。元から平たいところがあったのかもしれませんが、一度も入ったことがない場所でしたから分かりません。
実は、この上部はかつて鎌倉時代から戦国時代にかけてこの地区を支配していた平山氏が支城を置いていたとされる場所です。そこを大規模に工事したということなので遺跡はどうなったのだろうと思ったのですが、ちゃんと事前に発掘調査を行っていたそうです。でも何も見つからなかったとか。場所としてはここに間違いないはずなのですが、土塁や壕などもろくにない掘っ立て小屋程度の支城だったのでしょうか。鹿児島県による治山工事であることを示す看板が立てられていたのですが、どうせなら平山氏の城のことについても少し解説してくれると嬉しかったのですが。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
治山工事 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる