日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 長野県の出身高校へのこだわり

<<   作成日時 : 2011/01/23 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

産経新聞で、長野県では出身高校へのこだわりが強いという記事が出ているようです。これは面白いですね。こんなに自分の出身高校に拘るというのがあるんですね。確かに長野県は南北対立が激しいことが有名です。そういう地域対立があるからこそ、その地域を代表する存在として高校が位置づけられてしまうのかもしれません。

過去に聞いた話では、福島県もこういうところがあるそうです。福島県では、福島、郡山、いわき、会津若松の4箇所に学力レベルの高い高校がそれぞれあって、それらが学閥を形成しているのだそうです。戦後も長いこと高校が男女共学になっていなかったので、そういう高校は男女別に合計8箇所あったのだそうです。こういうところは、伝統があるということで主に女子高のOGが強く統合に反対して、なかなか男女共学化が進まなかったようですね。女子高は大体名前に「女子」が入っているので、共学化されるとなると名前が変わってしまうわけです。

その点、我が地元鹿児島県ではそういう傾向がまったくないですね。出身高校なんて大して気にされません。もちろん同じ高校出身だとわかると話が弾むかもしれませんが。県立高校だと鶴丸高校が圧倒的な1位だというところもあるのかもしれません。また男女共学化に関して言えば、鹿児島はお上の言うことにははいはいと聞いてしまう性分があるためなのか、戦後学制改革が行われた頃にさっさと統合してしまって、県立の女子高というのはほとんどないです。私の出身高校も旧制中学校と旧制女学校の統合でできていて、高校の歴史を見ると戦前のところは両方の歴史が書かれています。

大都会の高校だともっとそういう意識が薄そうな気がします。私立の高校も多いですしね。しかし普通は学閥って大学を気にするものじゃないのかなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先生の大学の関西方面からの入学者を中心に、大学よりも高校の学歴を自慢する傾向がありますね:p
ryot
2011/01/24 22:30
先生の大学? って何だろう。
Tamon
2011/01/24 23:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長野県の出身高校へのこだわり 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる