日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒部の太陽

<<   作成日時 : 2012/03/18 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日はBSプレミアムで「黒部の太陽」の放送があったので録画しておき、今日視聴しました。石原裕次郎の出演した有名な作品です。これがテレビで放送されたことは数えるくらいしかないそうで、とても貴重なようです。私も初めて見ました。最近、フジテレビが開局50周年とかで同じ原作を元に制作して放送した方は見ましたが。

やはり原作が同じだけあって、どちらもよく似ています。ただ、関電の現場責任者の娘と結婚したのは、フジテレビの方ではトンネル工事の現場監督ではなくて熊谷組の技術者になっていたような。またこちらでは、途中まで現場監督の方は親父がよく出てきて、途中から石原裕次郎が指揮を執るような感じになっていましたね。フジテレビ版では最初から指揮を執っていたような。また、なかなか断層破砕帯を抜けずに現場の士気が落ちて、盆休みでみんな帰ってしまって戻ってこないのではないかという懸念をするところで、みんながトラックに乗って帰ってくるというシーンがフジテレビ版にはあったものの、こちらにはなし。今回放送したのはノーカットではなく、一部編集で削られているそうなので、ひょっとしたらその部分なのかもしれませんけど。また、貫通した後最後にみんなで黒部に太陽を見に行くシーンがフジテレビ版にあったのに、こちらではありませんでした。トンネルができた後大量のトラックが列をなしてトンネルを越えて、ダムの建設が進むというところはそっくりでした。

正直、両者がここまでよく似ているとは驚きでした。フジテレビはかなり違う味付けにして作ったのではないかと思っていたのですけど。フジテレビ版は現場監督がちょっと浮いた感じでしたけどね。

やはり昭和30年代の高度経済成長に向かう時代の日本の独特の雰囲気を感じる気がします。フジテレビ版でもそれをがんばって再現しているわけですけど、やはりどうしても同時代に作られたものとは違う感じがどことなくします。

途中で地震速報が入ってしまったのは、やむを得ないものの残念でした。まあ、石原裕次郎が言ったように、映画館の大スクリーンで見るべきものなのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
黒部の太陽 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる