日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 平治の乱

<<   作成日時 : 2012/07/08 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今週の「平清盛」は、平治の乱の話の続きでした。平氏一族が熊野詣に出かけている間に源氏が京都で兵を挙げて、天皇と上皇を幽閉してしまうのですが、戻ってきた清盛が手をまわして天皇と上皇を救出してしまい、官軍となって源氏を攻撃する、という話です。 平治の乱の展開もよく理解していなかったのですが、こんな感じなのですね。

京に戻ってきてからの清盛の動きが見事ですね。むやみやたらと敵へ向かって突っ込むだけが戦いではないわけです。挙兵した側にも、本心で着いて行っていない人がいることをうまく見透かして、そういう人たちに手をまわして寝返らせてしまうわけです。そうやれば、一番大事な天皇・上皇の救出ができて、事態が逆転するわけで。また戦闘自体もむやみに突っ込むだけではなく、わざと引いて自分の有利な戦いのできる場所に釣り出し、そこで大軍を配置して一挙に攻撃して打撃を与えるというものでした。戦争というのは、敵より多くの兵力を戦場に用意するというところが一番大事な戦略であって、戦場に両軍が揃った時点ではもう勝敗が決しているというのが理想です。まさにそんな感じでしたね。

さてこれで源氏がほとんど壊滅状態となって、いよいよ平家政権になるわけですけど、どんな感じに描かれるでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平治の乱 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる