日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校野球の頭脳プレイ

<<   作成日時 : 2012/08/13 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日の甲子園、済々黌(熊本)対鳴門(徳島)の試合で面白いプレイがあったそうです。1アウトランナー1塁・3塁の状況で、打球をショートがうまく取り、この時点で2アウト。ランナーはどちらも飛び出していたので、ショートは1塁ランナーの帰塁前に1塁へ送球してダブルプレイ成立、という場面だったのですが、3塁ランナーのホームインが認められて1点追加という。

一般論として、フォースプレイが続いている間にホームベースを踏んだランナーがいても、フォースプレイにより3アウトが成立すれば遡って得点は無効になりますが、この場合2塁が空いていて3塁ランナーはフォースプレイではないので、3アウトが成立する前にホームインしてしまえば得点が認められます。あとは、ショートがライナーで捕球しているのに、なぜ3塁ランナーがタッチアップせずに走って得点が認められたかということですが、タッチアップがきちんと行われていないということは守備側が審判にアピールして初めてアウトが宣告されるもので、条件を満たせば自動的にアウトになるものではないからですね。守備側は、1塁でアウトにしたことで3アウトチェンジだと思って、3塁ランナーのことを気にせずにベンチに引き揚げてしまったので、3塁ランナーのリタッチせずをアピールしてアウトにする機会を捨ててしまった、ということのようです。アピールしていれば、1塁ランナーより優先して3塁ランナーがアウトになって得点を取り消され、これにより1塁ランナーに対するアウトが余るので1塁ランナーのアウトが取り消しになって、ランナー1塁に残塁と記録されることになります。確かにそんなルール(第3アウトの置き換え)があると、かつて野球の本で読んだことがあります。

本当に野球というのはルールが難しいですね。凄いのは、済々黌の選手がきちんとこのルールを理解していて狙ってプレイしていることと、審判も迷わずに的確にジャッジしていることですね。打球の行方に注目してしまった鳴門の選手は責められないのではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高校野球の頭脳プレイ 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる