日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪急百貨店でお買い物

<<   作成日時 : 2012/11/02 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

友人に子供が生まれたということで、出産祝いを買いに梅田へ出かけてきました。今日はうちの会社は休みだったのでちょうどよかったところです。大学時代の友人一同からの贈り物ということで、相手が神戸に住んでいることもあり、こちらに住んでいる私が代表して買って明日持って行こうという算段です。

まあ、あまり相手の望まないものを持って行っても、ということで直接相手にどんなものが欲しいかを聞いて、洋服が欲しい、とのことだったのでその方面を検討していました。赤ちゃんの服など買ったこともないわけで、まったく想像の範囲外。ウェブサイトなどで調べてみると、チェーンの子供服量販店のようなところで扱われているのですが、およそ今回の贈り物予算では一体何着買うことになってしまうのだろうというような安さです。また、赤ちゃんは結局すぐ成長して使えなくなってしまうということも問題です。過去にこういう贈り物をした人に助言を頼むと、百貨店などのそういうコーナーに行って見繕ってもらうとよい、とのことで、それを受けて阪急百貨店に行ってみることにしました。考えてみると、量販店のようなところでは贈り物をするという感じではないですよね。

そもそも阪急百貨店は、以前鉄道模型フェアがあった時に催し物会場に行ったことがあるくらいです。あまり私のような人間が行く場所ではありません。平日ですが結構な人がいました。子供服・ベビー服は11階ということで上がってみると、真ん中は吹き抜けになっていて9階かそのあたりに広場が造られているんですね。このスペースも普通の構造にしてテナントを入れればそれなりの収入になるだろうに、また贅沢なスペースの使いっぷりではあります。そこでコンサートのように歌を歌って催しをしていて、反対側には大階段に人が座ってそれを見ていました。なかなかいい感じのスペースです。

いくつも店があってどこがよいか困ったのですが、ベビー服を多く扱っていた店で立ち止まって見ていると、店員が声をかけてきたので早速相談。男の子であることと予算額を伝えると、それなら冬にお出かけするときに上に羽織るようなものをプレゼントするとよい、と勧めてくれました。生まれてすぐは家の中でほとんど過ごしますが、数か月すると親が連れて外出することができるようになり、10月初旬生まれであることを考えると、今年の冬も春になるまだ寒い時期には出かけるようになるだろうから使えるし、3歳くらいまでは同じもので大丈夫だそうです。直接身に着けるものだとサイズにシビアですが、上に羽織るものだとかなり融通が利くということなんですね。これにレッグウォーマーと靴下を組み合わせて大体予算額に到達。これならいい感じだと、友人一同の熨斗を書いてもらって、用が足りました。

自分だと決してこんな額のものを買わないと思うのですが、贈り物となるとこれくらいのものをと思ってしまいますね。まさに贈答用。まあさすがに安物と比べるとデザインがだいぶ洗練されている感じはしますが。

帰りは9000系9008Fがやってきました。阪急9000系ももう第9編成なんですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪急百貨店でお買い物 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる