日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 病の起源 第1回 がん

<<   作成日時 : 2013/05/19 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日のプロローグに続いて、病の起源の第1回「がん」が放送されました。

がんというのは細胞分裂の際のコピーミスで、本来の機能を果たさない細胞が異常に増殖してしまう現象のはずなので、それ自体は昔からあるんじゃないの、と思うわけですが、実際多細胞生物が出現したことからがんは存在すると考えられているようです。しかし、人間は特にがんになりやすいのだそうで、今回はその解説がされていました。

がんによる死亡率は、チンパンジーは2パーセント、人間だと30パーセントだそうです。確かにがんによる死亡率が人間ではかなり高いことがわかりますが、しかし人間は様々な医療で死の要因を取り除いてきているわけで、医療による影響を考慮するとどうなんでしょうね。感染症や栄養失調などの死亡要因はかなり防がれてきて、対処しづらいがんや脳卒中などが主要な死因として残っている、ということも考えられるように思います。

もっともいくつかがんが増えた要因が挙げられていました。人間が繁殖期を持たなくなって年中性行為ができるようになったことも原因の一つだと考えられているそうで、そのために精子を量産する能力を獲得して、その能力をがん細胞が流用して増殖能力を強化してしまった、と。また脳が巨大化するために細胞の活動を強化する脂肪酸を作り出す酵素が強化されたことも、一方でがんの増殖に手助けになってしまっていると指摘されていました。そして、がんを防ぐには日光を適量浴びてビタミンDを作らないといけないのに、高緯度の紫外線の少ない地域に居住する人が増えたことも原因だとのこと。さらに夜間暗い時間帯に寝ているとがんを防ぐ物質が作られて血液中を循環するのに、夜も明るい暮らしをするようになったことでそれが阻害されている、と指摘されていました。なるほど、人間が人間らしく活動して文明を発達させてきたことが、結果的にがんの増殖能力も強化してしまったというわけですね。

まあそこまでわかってくれば、がんの増殖を抑える薬も開発できるというわけで、これまでの抗がん剤のように健康な細胞も叩いてしまうものではなく選択的にがん細胞を叩けるものが開発されているそうです。まあ医学の進歩というのも凄いですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病の起源 第1回 がん 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる