日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 半沢直樹最終回

<<   作成日時 : 2013/09/24 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この日曜日が「半沢直樹」の最終回でしたね。私は結局、NHKの「神の数式」の方をリアルタイムて見ていたので、その裏で録画でした。今日視聴率の結果が出て、21世紀の民放ドラマで最高記録だそうです。以下、多少ネタバレが混じるので、録画等でまだ見ていない方は了承ください。

前回の放送で、金融庁検査の最終会合に来た大和田常務と岸川が、どうしてあんな反応を示していたのか、その後地下2階の疎開資料保管場所へ乗り込んでいったときの表情についてもいろいろ疑問がありました。あの疎開資料が金融庁にばれてしまえば銀行はタダでは済まないはずで、大和田常務とてそこまでは望んでいないはずなので、あの慌て方はそれを恐れたのか、あるいは伊勢島ホテルの経営再建案について予想外の提案が出て金融庁の検査官を黙らせてしまったことに慌てたのか、というところがわかりかねました。しかし今回の放送を見ると、それについてはかなり解決しましたね。伏線を仕込んであって、1話で回収したという感じがします。

取締役会での正面対決も非常に面白かったですね。最後に岸川が大和田常務を裏切るところの表情もさすがという他はなかったです。大和田常務の顔芸にはうならされるばかりです。

最後に半沢が子会社の部長職で出向を命じられるのですが、これはこれまでこのドラマで出向を片道切符の地獄行きのように描いてきたから変に見えるのであって、本来の銀行での出向は極めて普通のことであるという知識を前提にすればそれほど不思議ではないようですね。銀行関係者が書いたブログで、子会社の部長職は親会社では副部長職に相当するので、次長だった半沢にとっては昇格人事であり、銀行に将来戻すつもりがないのであればそういう昇格はしない、と指摘されていてなるほどと思いました。ただ、大和田常務が辞めさせられるのではなく平取締役への降格であったこと、半沢が子会社への出向になったことの2点は、次回作への準備としか思えないですね。

まあ確かにこれは面白いドラマであったと思います。事前にはTBSはあまり期待していない作品だったそうですが、わからないものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
半沢直樹最終回 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる