日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 電気温水器

<<   作成日時 : 2013/10/01 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日曜日にIH調理器への更新を行ったわけですが、その副作用で思わぬ事態に見舞われました。うちのお湯は電気温水器による深夜電力利用の給湯ですが、交換作業に伴って停電させた際に時刻情報が消えたようで、そのまま沸かしを行わないままになっていたようです。そのために、風呂に入ってシャワーを浴びても、ぬるま湯しか出てこないという事態に。今日ようやく気づいて、設定をやり直しました。

昨日の時点でも既にお湯の出が悪いなと思っていたのですけど、まだ湯温も残湯量も十分であったためにそれほど影響がなかったのでしょう。今日はさすがにだいぶぬるくなっていました。設定画面で見ると、湯温は33度、残湯量は40リットルを切ったとの警告が出ていました。時刻の設定をやり直し、その後深夜電力時間帯に入った深夜に確認すると沸かし上げが始まっていました。

考えてみると、先週月曜日夜に最初に漏電遮断器が作動して全停電しているのですけど、どうしてその後は問題なかったのか不思議です。短時間の停電だと問題ないとかそういうことがあるのでしょうか。さすがに先週月曜日から今日まで湯温がこの程度にしか低下しないほど断熱性が優秀とは思えないですし、そもそも湯量が全然足りないのではないかと思いますし。

とりあえず、停電時は電気温水器の設定をやり直す、という教訓を学びました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
電気温水器 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる