日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍師官兵衛最終回

<<   作成日時 : 2014/12/22 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

録画してあった「軍師官兵衛」の最終回を見ました。関ヶ原の戦いにまつわるエピソード満載という感じでしたね。

黒田長政が関ヶ原の戦い後に家康からねぎらいの言葉を掛けられた際に、「その時左手は何をしていたのか」と官兵衛に後で問われる(その時に空いていた左手で家康を殺せばよかったのに、という意味)エピソードがありましたが、それも出てきました。この話は後世の創作説の方が強いようですけどね。

一方、長政と仲が悪かったはずの石田三成が囚われの身となった際に、陣羽織を進呈するエピソードも描かれました。この手の話はいろいろありますね。

意外だったのは、大阪城夏の陣まで描かれたことです。後藤又兵衛が出奔して、長政と対決する羽目になるところまでが表現されており驚きです。直接官兵衛と関係があるわけではないところなのですけどね。

やはり戦国時代の大河ドラマは凄く面白い気がします。平均視聴率が15パーセントを超えたそうですし、なかなかだったのではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍師官兵衛最終回 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる