日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神梅田駅改良工事

<<   作成日時 : 2015/02/12 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

阪神電気鉄道が、梅田駅の改良工事を発表した(PDFファイル)ようです。プラットホームの拡幅工事を行うんですね。

京王新宿駅がかつてやったように、1線潰す代わりに延長を伸ばすというような工事ではなく、そもそも全幅をかなり拡大して、4線あるのは維持したままでプラットホームの幅を広げるようです。阪神の梅田駅が、こんな工事をやらなければならないほど混雑しているのでしょうか。ウィキペディアの「梅田駅」の項を見る限りでは、阪神の梅田駅の乗降客数は長期低落傾向に見えるのですけどね。

プレスリリースの添付図を見ると、北側に1径間程度の空間を広げ、そこに新たな1番線を設定し、2番線と3番線は1個ずつ北側にずれて、旧3番線を埋めてプラットホームを拡大するようです。また4番線は延長を増大するのですね。これだと、西側のシーサスなどの構造に変更を加えるのでなければ、連動装置や信号関係はほとんどいじることなく線路切替だけで済ませることができそうです。しかし、土木的には1径間分横に広げなければならないので大工事です。

広げた1径間の上部は東西自由通路にする、と書かれていますね。そうなると、今阪神百貨店の食べ物コーナーの脇にある比較的混雑する通路が大幅に広がるということになります。これは便利になります。この通路の北側は、非常に狭い面積に店舗が並んでいるのですけど、そういえば最近次々に閉店になって、気になっているところでした。拡幅工事のために店を閉めなければならなかったんですね。なるほど。

こうなると、工事が始まる前に現状を記録するために阪神梅田に行きたくなりますね。まあ、すぐそこではあるのですけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
工事をする必要がない・・・何故?」
混雑時はホームが人で溢れかえってますがね・・・
ホーム幅拡幅とバリヤフリー化は早くからするべきだと考えます。
阪神利用者
2015/02/15 09:49
今そうなら、1980年代のもっと混雑していた時にはどうだったのか、という話だと思います。
その時にやらないでいて、なぜ今なのか、と疑問に思いました。
Tamon
2015/02/15 11:25
阪神梅田駅の地下構造物が、改築の始まった大阪神ビルと
一体になっているので、この建て替えが好機となったと思いますが・・・
地下駅の工事は、掘削を伴うので簡単には行かないと思います。
1980年代の阪神は、今よりずっと保守的でケチな社風だったのも要因と考えます。
阪神利用者
2015/02/15 15:30
大阪神ビルの建て替えと同時ですか。
なるほどそれなら納得できます。
三宮駅を改築したので、それに合わせたのかな、くらいにしか考えていませんでした。
Tamon
2015/02/15 16:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神梅田駅改良工事 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる