日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 筑豊電鉄延伸検討

<<   作成日時 : 2015/03/12 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

直方市が筑豊電鉄の筑豊直方駅からJR直方駅までの延長を検討しているそうです。

筑豊直方駅は確かにJRの駅からは少し離れたところにあるんですよね。私も筑豊電鉄を乗りに行ったときに、筑豊直方の駅からウロウロ探しながらJRの駅へ歩いた覚えがあります。遠賀川を渡る橋からそのまま高架で筑豊直方駅へ乗り入れてスパッと高架が切れて終わる、という構造で、何でもこのまま先に福岡まで伸ばそうという計画があったために、この先で国鉄筑豊本線をオーバークロスできるように高架にしてあったのだそうです。

この、いずれ福岡まで伸ばそう、という構想は大変楽しい話なのですけど、では一方で北九州側はどうするつもりだったのか、というところがあります。現在は筑豊電鉄は黒崎始発ですが、もともと筑豊電鉄の親会社である西日本鉄道(西鉄)が北九州線という路面電車網を北九州市内にかつては張り巡らせており、それに乗り入れることで北九州市内でも最大の中心地たる小倉まで行くことができました。しかしそうなると、本格的な都市間高速電車ではなく路面電車規格の車両を導入しなければならないことを意味するわけで、実際筑豊電鉄の現行の車両も路面電車タイプです。小倉と博多または天神を結ばなければ、福岡市と北九州市を結ぶ鉄道で十分な需要をつかむのは無理ですが、しかしその間は相当な距離があるので、本格的な高速電車を入れなければ、これまた十分な需要をつかむのは無理となってしまいます。そうであれば、北九州市内は路面軌道に乗り入れるのではなく、独自に専用の線路を敷設しなければ到底無理なわけで、果たしてそのあたりの目算はどうなっていたのか、という感じですね。とりあえずは、福井鉄道のように路面に無理やり乗り入れるということも考えられたのかもしれませんが。

直結すると1日1000人単位で利用者が増える見込みがある、というのはなかなか凄いですね。国鉄の民営化以降、筑豊本線のダイヤが大幅に便利になってきて、筑豊電鉄を利用する需要を奪ってきたところもあるのですけど、それでも利便性を上げることでまだまだ増やせる見込みもあるということでしょうか。どういう発着地点の需要が見込めるのか、気になるところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
筑豊電鉄延伸検討 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる