日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 285km/h運転初乗車

<<   作成日時 : 2015/03/25 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、珍しく神奈川県内に出張で、新横浜まで東海道新幹線を利用して往復してきました。3月14日ダイヤ改正以降で初めての乗車となるので、早速行きは時刻を調整して285km/h運転の「のぞみ4号」に乗ってきました。

乗った感じでは、やはり15km/h程度の差では車窓を見た感覚はそれほど変わらないですね。心なしか、揺れが大きい気がしますが。山陽新幹線と九州新幹線の直通列車に乗ると、300km/hと260km/hの差はかなり感じますけどね。しかしカーブで車体が明らかに傾いていく様子を初めて実感しました。N700系の車体傾斜制御はわずか1度のはずですけどね。帰りは270km/h運転の「のぞみ55号」に乗りましたが、さほど差は感じられず。やはり、東京-新大阪を2時間22分運転する始発と終発の「のぞみ」に乗ってみたいところです。

行きののぞみ4号のランカーブ(名古屋-新横浜)
帰りののぞみ55号のランカーブ(新横浜-京都)


今回、スマートフォンにインストールしてあったGoogle my tracksを使って計測を実施してみました。Google my tracksはGPSで位置情報を記録し続けるアプリで、移動軌跡を地図にプロットしたり、速度の変化をグラフで表示したりすることができます。結果をCSVファイルにしてパソコンに取り出して、グラフ化してみました。速度は直接記録されていますが、位置情報は経緯度で記録されていて距離を計算しづらい(計算することはできるが式が複雑となる)ので、今回は速度に計測の時間間隔を掛けて、それを累積して距離のデータとみなして、横軸を距離(計測開始位置からのメートル単位)、縦軸を速度(km/h)のグラフとしてみました。参考までに、その位置の標高情報もプロットしてあります。

やはりGPS測位なのである程度誤差も出ますし、トンネル内では位置を計測できなくなって変な値が出ることもありますが、おおむね綺麗に測れているように見えます。行きの最高速度は285.3km/h、帰りの最高速度は279km/hでした。帰りの列車は270km/h運転のはずですが、こんな値が出てしまいました。グラフを見る限りでは、実際には285km/hで走っている区間はほとんどなく、かなり流して走っている感じがします。標高のデータは行きと帰りで綺麗な一致を示さないので、何か怪しい感じがします。熱海のあたりでかなり減速して走っているのはしっかり記録されている感じですね。

こういう記録を付けるのはなかなか面白いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
285km/h運転初乗車 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる