日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅舎再発見

<<   作成日時 : 2015/04/24 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

続いて、『駅舎再発見』を読みました。JTBキャンブックスの1冊で、この本の著者杉ア氏はは他にも駅舎関連の本を出しているようで、そのために「再」発見となったようです。

日本全国の鉄道駅舎について、特に趣があるものを、昭和30年代までの建築に限定して紹介しています。かなりの参考文献を調査しているようで、建築年月日や関連する駅の歴史などもある程度詳しく説明されていて、驚かされます。国鉄・JRに限らず民鉄も含めて様々な観点で選ばれた駅舎が紹介されており、年代ごとの建築様式の特徴などの解説も行われています。出典の明記がきちんと行われているので、後からも検証しやすいですし、随分手のかかった本です。

こうやってみると、地域により、そして建築年代により、ある一定の方向性というのが見えてきますね。そしてこれだけ研究している人でも、建築年代が既に分からなくなっている駅舎があるということにも驚かされます。現役の駅舎であれば、鉄道事業者が管理のためにきちんと図面などを管理しているはずと思うのですが。廃駅についても一部掲載されています。一方でやや刊行が古いので、既に失われてしまっている駅舎も掲載されていますね。

これはよくまとまっており、なかなか良い本です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅舎再発見 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる