日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士山登山鉄道

<<   作成日時 : 2015/05/18 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近、何度も話が上がってくるようになった、富士スバルラインを鉄道に改築して、5合目まで鉄道で登れるようにしようという件が、さらに盛り上がっているようですね。

道路は、粘着式の鉄道よりはるかに急勾配が可能なので、単純に道路を鉄道に改築すると言われても、と思っていました。しかし、富士スバルラインの勾配は最大8パーセントだそうで、これなら箱根登山鉄道と同等なので、あちらの技術を持って来ればすぐにも電気鉄道として開業できます。問題は、箱根登山鉄道は急勾配に対応する設備を積むのには狭軌では不足、という理由で標準軌を採用して開業しているわけですが、富士スバルライン側でアクセス路線となりうる富士急行は狭軌だということがあります。もし標準軌で敷設しなければならないとなったら、富士急行との直通はあきらめなくてはいけないことになります。もっとも、箱根登山鉄道も箱根湯本で乗換ですし、特殊規格の車両をあまり遠くまで直通させることも難しいでしょうから、乗換は妥当かもしれません。箱根登山鉄道が開業したのは、はるか古い時代なので、その後の技術改良で狭軌でも同程度の勾配を登坂することは可能になっているかもしれません。

冬は雪に埋もれて工事などろくにできないはずであり、そうなると改築工事は多くの登山客がやってくる夏場にやらなければならないということになります。道路交通を支障せずに改築する工事が可能かどうか、というところが最大の問題の気がしますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士山登山鉄道 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる