日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 高野線利用客

<<   作成日時 : 2015/05/29 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

4月2日から5月21日まで開催されていた「高野山開創1200年記念大法会」では、高野山駅の利用客が前年同期比251.1パーセントの13万1324人に達したそうです。これは物凄い人数ですね。

普段どれくらいの人数が来ているのかと思って調べると、高野町の交通データ統計によれば、近年の年間入り込み客数は120万人前後、鉄道の分担は5分の1程度ということなので、24万人くらいでしょうか。これを考えると、普段の年間利用の半分くらいが1か月半ほどの期間に集中したことが分かります。まあ、もともと春と秋の観光に適した時期に集中する傾向はあるのですけど。

もっとも、年間24万人の鉄道利用客というのは、かなり少ないです。この人たちは往復利用するでしょうから、鉄道の利用客のカウントとしては48万人と見てよいのですけど、1日当たりにすると1300人程度でしかありません。高野山ケーブルの輸送密度を見ると1750人/日という値が出てくるので、他に観光客としてはカウントされない定期利用客や地元民がいるのでしょうけど、これは凄く少ないでしょう。実際、ケーブルカーは赤字のようです。高野線も、橋本以南は年間5億円の赤字を出している、との記述がみられますね。南海としても、単純に廃止というわけにはいかない区間なのでしょうけど、これでは大変ですね。

これ以外に多くの観光客がバスや自家用車で来ているようなのですけど、何とかもう少し鉄道を利用してもらえる工夫はないものか、と思いますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高野線利用客 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる