日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 小幌駅

<<   作成日時 : 2015/07/25 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

JR北海道から地元自治体に対して、小幌駅の廃止提案が出ているようです。もうこの10月という話のようです。昨今のトラブルの連鎖から、緊急に経営の再建が必要になって、急激に合理化の話が進んでいるようですね。

小幌駅は、噴火湾沿いの山が海に迫る地形で、崖の中腹を室蘭本線が長いトンネルの連続で抜けていく区間にあります。複線区間であり、優等列車や貨物列車が頻繁に通り抜けていく区間にあって、決してローカル線ではないのですが、駅の両側がトンネルであり、背後は崖になっており、もう一方は海という、駅に降りたとしてもどこに行くこともできない「秘境駅」として有名でした。人家もありません。

もとは列車交換用の信号場として開設され、往時は近くに民家もあったのだそうです。そのために便宜乗車が行われ、やがて仮乗降場として扱われるようになり、国鉄分割民営化の時の仮乗降場の整理で駅になった、という経緯があるようです。今の駅の状況からすれば、周辺に民家があったとは信じがたいです。

まあ実際のところ、維持している意味が無い駅ですから、もっと早くになくなってもおかしくありませんでした。よく今まで残ったものだと思います。函館本線の張碓駅の方が早く廃止されて、こちらは残っていたのがよくわかりませんね。石勝線の楓駅は、そのためだけに普通列車を走らせていたので、先に廃止の対象となったのかもしれないと思います。こちらは、たとえ駅を廃止にしたとしても、他の駅は普通に利用があるので、普通列車の運行自体は続けなくてはいけないですから。

私にとっては訪問したこと自体はあるので、いまさら再訪するつもりもないのですけど、北海道は支線網の整理が進むかもしれないので、そういうところは再訪したい感じがありますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小幌駅 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる