日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州新幹線長崎ルートのフル規格化提案

<<   作成日時 : 2015/09/27 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 7

九州新幹線長崎ルート(西九州ルート)について、またぞろ全線フル規格化の話が出ているようです。今の計画では、武雄温泉までは既存の長崎本線・佐世保線を走行し、そこから嬉野温泉・新大村・諫早を経て長崎へ新線というものになっています。このため、武雄温泉駅の前後で軌間の断絶が生じ、これを直通運転するために軌間可変電車の開発が行われているわけです。しかし軌間可変電車の開発は難航しており、最新の試作車両も台車の部品に問題を生じて試験が中断している状況です。このまま工事を進めて、本当に開業までに車両の準備が間に合うのか、危ぶまれる状況になってきました。

長崎ルートの場合、佐賀県と長崎県を走りますが、大きな問題として、佐賀県にはほとんど時間短縮のメリットが無い、というところがあるんですよね。もともと福岡との距離が近すぎて、在来線でも大した時間がかかりません。対大阪で、博多での乗換を省略できる、という程度のメリットでしょう。これでは、フル規格で建設するのに必要になる、地元の費用負担をする気にはなれないでしょう。ほとんど長崎県のために負担するようなものです。一応、佐世保線の複線化工事はやっていますけど。

一方、長崎に対しても、現行の計画だとそれほど時間短縮されないんですよね。かなり長い距離に渡って新線を建設しながら、現行ルートよりやや距離が長く、武雄温泉での軌間変換にもそれなりに時間がかかるので、あまり大きな時間短縮ではありません。そして、軌間可変電車は今のところ270km/hが最高速度と計画されているので、山陽新幹線に直通すると、他の「のぞみ」「みずほ」「さくら」が300km/h運転をしている中、270km/hでちんたら走らなくてはなりません。これはダイヤ編成上大きな障害ですし、大阪までの所要時間がさらに伸びる要因になってしまいます。一方で博多で乗り換えろと言われたら、何のために新幹線を造ったのかわからない、ということになります。

正直、この状況では長崎への新幹線は正当化できないのではないか、と思っているところです。長崎は人口40万人程度であり、金沢や富山と同程度です。金沢や富山が単独で存在していたとしたら、そこへの新幹線を建設したでしょうか? 仮にこの規模の都市で新幹線が必要なら、松山にも建設しなければなりません。政令指定都市である札幌や新潟とは違うのです。そしてこの時間短縮効果の小ささを考えると、同じ九州島内の鹿児島ルートと比べても、まったく費用対効果に見合わないと言わざるを得ないでしょう。

もう少しこのあたりはどうにかならないものかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
「正直、この状況では長崎への新幹線は正当化できないのではないか」!
まさにおっしゃるとおりですね。

博多駅から別途リレー九州新幹線リレー号の空き地を利用してホーム上で乗り換えていただくのがベストではないかと思う次第です。
とうこ
2015/09/28 06:48
乗換抵抗を緩和する方策が大事ですね。
Tamon
2015/09/29 00:30
私は建設した設備を有効活用する、費用対効果を
最大限に発揮するためにも
武雄温泉リレー式が一番だと思います。
つまり博多から武雄温泉までは今まで通りの在来線
そこから先はフル規格。つまり新八代リレー時代と
同じでよいと・・・。

他線との規格統一で車両代、維持費もかさみませんし・・・。
線路は離れていても最新技術の共用がしやすいです。

フリーゲージは車両代、その後の維持が費用の面で
JR九州の重みになると思います。

JR西日本はスペックの
異なる車両の乗り入れには難色を示すでしょう。
完全民営会社ですのでもし万が一乗り入れたとしても
西日本側は車両を作らないでしょう。

リレー方式にすれば
新幹線が建設されていない途中区間も値上げされずに
済みます。公正の度合いが一番高いです。
建設された施設も有効活用でき、かつ数十年後を見た場合
の将来性もあります。
また、規格を共通化させることで技術、維持費用の面からも
メリットがあります。

将来の話にはなりますが、
途中区間を通すならば費用対効果の
大きい全線フル規格が良いと思います。費用対効果
が小さく、将来にわたり維持費用のかかる
フリーゲージは導入すべきではないと思います。

以上の理由から私は長崎新幹線は武雄温泉リレー方式が
いちばん良いと考えています。
すみれ
2015/10/02 22:27
軌間可変車両については、スペインの実例をよく研究する必要があるとは思いますが、きちんと技術開発を積んでいけば、そこまで悲惨な物にはならないと思っています。最高速度の制約がきついですが。
将来にわたって、乗換が解消されないとなるとかなり厳しいので、その時は三線軌のミニ新幹線方式すら検討しなければならないと思っています…。
Tamon
2015/10/02 22:47
新幹線の開業は決まっているし、すでに建設も始まっています。
今ごろ『要る・要らない』の意見なんか意味がありません。
現案のフリーゲージが時短効果もなくJR西日本への乗り入れもできないためメリットが小さい。しかも開発ストップ中で実用化は絶望的。だからフル規格化が望ましいというのが正しいんと違いますか?

とおりすがり
2015/11/12 12:22
既に建設が始まっているからいまさら意味がない、と言われればそうなのですが、本当に必要だったかの検討は常に必要だと思います。
そうやって事業評価をやっておかないと、今後の政策決定に役立てることができないですから。
Tamon
2015/11/12 22:47
もはやフルしかないでしょ
通りすがり
2015/12/06 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州新幹線長崎ルートのフル規格化提案 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる