日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS N700A追加投入発表

<<   作成日時 : 2015/10/22 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

JR東海が、N700Aを追加投入する(PDFファイル)そうです。いずれ進めるのだろうとは思っていましたが、いよいよ700系が淘汰されそうですね。

実際に出張で頻繁に東海道新幹線を利用していた身からすると、N700系とN700Aはさほど乗った感じに違いはないのですけど、700系は大きな差がありました。具体的にどこが違うかを言葉で説明するのは難しいのですけど。一度N700系を体験すると、もう700系は乗りたくない、となります。もう「のぞみ」はほぼN700系で統一されていたので、実際に700系に乗る機会はまずなかったですが。職場の異動の関係で、今後は東京への出張は滅多になさそうです。

新たな改良が施されているようですが、N700からN700Aへの変更に比べてもさらに小さな改良点に見えます。もう、新幹線システムのブラッシュアップが極限まで来ていて、これ以上最高速度を上げるわけでもない東海道新幹線においては、新たにできることがほとんどないのでしょう。もう少し時間が経って技術が進歩したら、また何か新しいことが出てくるかもしれませんが、少なくとも短期ではこれが完成系でしょうね。国鉄時代に、0系を0系で淘汰する、ということがあって、技術停滞の象徴と批判されていましたが、これからはN700系をN700系で淘汰する、ということも起きそうな気がします。

東海道・山陽新幹線は、JR東海ほど財政事情が潤沢ではないJR西日本と協調して進めなければならないので、ある程度JR東海が協力してあげないと、車両の更新が進みません。JR西日本が300系を全廃した際には、かなりまとまった数の700系をJR東海がJR西日本に譲渡していました。今回は700系を淘汰しないと、東海道区間で285km/hダイヤに統一できないわけですが、JR西日本側の車両淘汰の進行はどうなるのでしょうか。まだまだ、JR西日本側のN700系(N700A)16両編成であるF編成の増備がそう進むとも思えないのですけど。

285km/hダイヤへの統一は魅力的です。最高速度が統一されれば、全体に所要時間の短縮が進みそうです。今のダイヤで285km/h対応列車に乗っても、先行列車にすぐ追いついてしまっているのか、流して走っているようなランカーブでした。「こだま」にもN700系で統一されれば、高い加減速度を生かして「こだま」ダイヤをもっときびきび走らせることができそうですし、そのあたりが全体に良くなると、ダイヤの形態がだいぶ変わりそうです。

もう少し時間がかかりそうですけど、最終的なダイヤ改正を楽しみにしていたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
N700A追加投入発表 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる