日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 京王新宿駅の貸付財産票

<<   作成日時 : 2015/10/09 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京王線新宿駅の3番線ホーム先端部分にJR東日本の貸付財産票が貼ってある、という話題が先日ツイッターで流れていました。それに関してJタウンネットが登記簿を調査した記事を載せています。

もともと登記簿は複雑怪奇で、全然現実と一致していない、というのはよく言われることです。特に大都市は複雑な土地の開発が行われた上に、戦災ですべて灰になってバラックを建てて復旧したために、もはや訳が分からなくなっているわけです。土地の取引の上で、特に登記簿を変更する必要が無いですからね。もはや登記簿は何のためにあるのかよくわからない状態ですね。

この記事によれば、登記簿ではほとんど意味をつかめなかったようですね。では結局なぜあの貸付財産票があるのか、ということになります。JR東日本や京王電鉄に問い合わせても、こういう財産上の処理については答えてくれないものなのでしょうか。以前、駒場東大前駅の東大口の階段は、下から5段目までは国有地になっている、という話が出た際に、東大新聞が問い合わせて、確かにそうなっており、土地の賃借料を京王電鉄が国に払っている、という確認がされて記事になっていたことを思い出します。そういうことを考えれば、案外きちんと取材をすれば答えてくれるのではないかとも思えるのですが、どうでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京王新宿駅の貸付財産票 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる