日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京駅北通路周辺改築

<<   作成日時 : 2015/12/03 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

JR東日本が、東京駅北通路周辺の整備について発表(PDFファイル)しています。

東京駅の地上プラットホームはすべて高架上にあり、その高架下を横断するように、大きく3つの通路がある構造です。北側から北通路、中央通路、南通路です。北通路よりもさらに北側に改札外の自由通路があります。もともとはどの通路も狭かったのですが、旅客数の増大に応じて拡大工事が行われ、中央通路は戦後まもなくの頃から段階的に拡大されてきました。当初は中央通路は、八重洲側へすら通じていなかったのですが、新幹線開業の頃までに連絡工事が行われました。南通路は、京葉線東京開通の際に京葉連絡通路を開設するのと同時に拡大工事が行われ、現行の通路に移転しました。実は、古い南通路は現行の南通路よりさらに南側に残存していて、売店への商品搬入などで使われています。丸の内南口から入って南通路へ折れ曲がる構造になっているのは、南通路からまっすぐ入った先が旧通路になっているからです。

これに対して、北通路は大正時代の開業当時のままの構造を唯一残している貴重な場所でした。八重洲側はだいぶ改造されてしまっていたのですが、丸の内側はかなり雰囲気が残っていました。しかし今の時代の旅客数に耐えられないことも確かです。したがって2012年から着工して拡幅工事が行われていました。現状ではさらに北側に迂回するように仮通路に切り替えられています。

今回、北通路周辺を大幅に拡張して商スペースが設けられることが発表されました。東京駅は開業時点では煉瓦造りのアーチと擁壁に土盛りをして、その上に高架プラットホームと線路が設けられていました。第1から第4のプラットホームの下がこの構造で、昭和以降に増設された第5以降のプラットホームは当初から高架橋構造です。しかし下部が土盛りではスペースの制約がきついので、次第に高架橋へと改築が行われてきました。第3・第4プラットホームについては、東北新幹線の乗り入れとプラットホーム増設工事の際に高架橋化され、完全に開けた構造になっています。第1・第2プラットホームの下が残っているのですが、いわゆる「エキナカ」開発により、ノースコート、サウスコートの部分は開削されて、盛土部分がもう残り少なくなっていました。今回の工事で、北通路側の盛土は完全に撤去されることになりそうです。南通路側はまだもう少し残るのでしょうか。もう事実上残っていないと言っても良いのでしょうけれど。

東京駅もどんどん変わっていきますね。丸の内駅舎の復原と八重洲側の鉄道会館からの改築がほぼ完了して、そろそろ発展が止まるかと思ったのですけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京駅北通路周辺改築 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる