日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS オレンジタウン駅出発信号機冒進事故

<<   作成日時 : 2015/12/31 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

大晦日だというのにオレンジタウン駅で誤出発事故があったようですね。出発信号機を冒進して、安全側線に入り込んで終端の砂利に突っ込んだようです。

伝えられるところによると、車掌が出発反応標識を確認せずにドアを閉めて合図をしたために、運転士も出発信号機を確認せずに出発させてしまった、ということだそうです。車掌の動作が誤りを誘ったのでしょうけれど、運転士もきちんと出発信号機を自分で確認しなければなりません。また、2人乗務していても安全が必ずしも向上するわけではない、という事例になっていますね。1人が間違えると、それにつられてもう1人も間違えてしまうことがあり、独立して確認した場合の組み合わせのようには安全が向上することがないのです。人間は機械ではないのですからね。

相変わらず、メディアは鉄道側の説明を理解できなかったか、せっかく記者が理解して書いても理解していないデスクが改変してしまったかで、とんちんかんな記事になっているものが多く見受けられました。安全側線に緊急避難した、などという記事になっているものもありましたね。

連続照査・連続制御のATSを導入できればよいのですけど、なかなか費用的に難しいですからね。CBTCみたいな無線利用の技術がもっと安価に導入できればよいのですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ〜「安全側線」側にちゃんと車両を導いたのですからシステムの安全テストにはなってますね。
とうこ
2016/01/01 19:29
あとは、ATSの誤出発防止機能がどうだったか、ですね。
Tamon
2016/01/01 19:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
オレンジタウン駅出発信号機冒進事故 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる