日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 訃報

<<   作成日時 : 2016/01/04 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

国鉄総裁経験者で最後まで存命だった仁杉巌さんが、昨年12月25日に満100歳で亡くなられていたそうです。仁杉さんは、土木技術者のドンともいうべき存在で、鉄道公団の総裁などとしてもかなり活躍しました。一方で西武グループとのつながりもある人で、西武鉄道の社長も務めていました。

退任されてからは土木関係の記事を書くことが多く、過去の土木技術に関する話を書いてくれて大変面白いことが多かったです。『鉄道ファン』で小野田先生が書いている連載記事でも、鉄筋コンクリート橋梁の話で仁杉さんに取材したものが載っていた記憶があります。割と最近の号だったように思いますが。仁杉さんは技術者としてはコンクリートが専門だったんですよね。

いよいよ物故されていく方が増えて、国鉄時代を知る人もだいぶ減ってきた感じです。もちろん、いわゆる国鉄改革三羽ガラスといった人たちはまだまだご健在なのですが、それ以前から国鉄の幹部だったような人はもうだいぶ減ってしまいました。齋藤雅男さんが国鉄内部の話を『鉄道ジャーナル』などでよく書いてくださっていますが、あの方ももう96歳のはずです。まだまだ、聞いておきたいことはたくさんありますよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
訃報読ませていただきました、国鉄の歴史の生き字引の方がまたお一人お亡くなりましたね。
とうこ
2016/01/05 12:31
致し方ないとはいえ、さびしいですよね。
Tamon
2016/01/06 01:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
訃報 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる