日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 小竹向原連絡線完成

<<   作成日時 : 2016/02/12 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東京地下鉄有楽町線の小竹向原駅の連絡線工事が完成したそうです。

小竹向原は東京地下鉄の路線網の中では珍しい、2路線が交差しながら、どちらからどちらへの列車も走るという場所です。池袋側は、有楽町線と副都心線(かつては新線と呼ばれていた)があり、ここから先は東武東上線に乗り入れる和光市方面と、西武池袋線に乗り入れる練馬方面(西武有楽町線自体は小竹向原ですが)があります。有楽町線から来て東武東上線へも西武線へも、副都心線から来て東武東上線へも西武線へも、いずれも直通列車があるわけです。このため、小竹向原駅の池袋方で平面交差支障が発生して、列車遅延時に問題になるわけです。

副都心線が開通した際にはここがボトルネックになってダダ遅れして、大変話題になりました。その後あまり話を聞かなくなりましたが、慣れてうまく運転整理できるようになったのか、珍しくも無くなったから報道されなくなったのか。ある程度は慣れてうまくやるようになりつつも、それでもボトルネックであることは変わらなかった、というのが実態ではないかと推測します。

地下で追加でこのような工事をするのは大変で、費用もかさんだことだと思いますが、よくやったものです。東京地下鉄が民営化されて以降の着工でしたし、直接利益に結びつかないようなことに投資する決断ができたというのは意外な感があります。まだ上場していないから国有企業と言っても良いのですけどね。

どちらかというと、新線の建設を期待したいところなのですけど、さすがにそうもいかないのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小竹向原連絡線完成 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる