日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS カシオペア運行継続計画

<<   作成日時 : 2016/02/18 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

JR東日本の寝台特急「カシオペア」を、運行終了後もツアー専用列車として北海道に乗り入れる計画があるそうです。これは驚きです。

1990年代末に新規製作された「カシオペア」用のE26系は、「北斗星」のような老朽化問題が無いことは確かです。ただ、電車と同様の構体設計を採用した関係で、歪みが大きくなっている、という話を聞いたことがあります。そのあたりはどうなのでしょうか。

また、青函トンネル通過用の機関車をJR貨物から借りるそうですが、これも青函トンネルの新幹線共用化に伴って国交省の補助金が出ているので、旅客列車の牽引は目的外使用に当たって難しい、という説を聞いたことがありました。もし旅客列車の牽引が可能なのであれば、その問題はない、ということなのかもしれません。北海道内でも、JR北海道のDD51はかなり老朽化が進展しているので、JR貨物のDF200を借りた方がよいかもしれません。

しかし、ツアー専用ということは、通常の乗車券では乗れないわけで、やや敷居が高い感じになりますね。「四季島」も北海道に乗り入れるという話が出ていましたけど、あれはどうなるのでしょうか。やはり、通常の定期旅客列車の形では、青函トンネルの在来線側を通過することはできなくなりそうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カシオペアがOK!ならトワイライトもって思うのですが…?

カシオペアはJR東なんでJR北と風通しがいいのでしょうかね?それと北陸新幹線関連で北陸本線が実質切られたのがきついですね。
とうこ
2016/02/19 09:06
トワイライトエクスプレスはさすがに老朽化してましたからね。24系ベースのものはもうだめでしょう。
Tamon
2016/02/20 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
カシオペア運行継続計画 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる