日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 台鐵西部幹線で普悠瑪号投入予定

<<   作成日時 : 2016/03/13 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

台湾鉄路管理局(台鐵)が、西部幹線で普悠瑪号を使った自強号を運転するそうです。台北と高雄と3時間40分で結ぶというのはなかなかの快速ぶりですね。

並行して走る高速鉄道である台湾高鐵は、台鐵とは別組織です。このため、高速鉄道が開通しても台鐵側では西部幹線での特急列車に相当する自強号の運転を止めずに、引き続き高速鉄道と競争しています。台北-高雄だと、さすがに所要時間でほとんど敵わない差があるのですけど、それでも時間に余裕がある人であれば、この値段差で乗ってくれるかもしれません。中間駅だと、高鐵の駅が既存の市街地から離れているところが多いことを考え合わせると、これはかなりの強さが出てくるものと思います。

西部幹線は、これに高速バスも加わって大変な大激戦区です。これくらいの距離だと、高速バスも十分実用なんですよね。台湾の交通市場は大変選択肢が豊富です。

東部幹線も輸送力を増強してくれるようです。東部幹線は慢性的に輸送力が不足気味で、なかなか席を取れないくらいだったのですけど、これでまともに席を取れるようになるでしょうか。やはり台湾はまた行きたいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
色々大変な台湾高鉄にはアレですけど、やっぱり交通機関の選択肢が多いってのは重要なんだなぁ,と思います。

まぁ、台北−高雄間3時間40分ってのは新幹線できた後で通しで乗るには結構きつい気がする(近鉄の名阪甲特急でも運賃面でのメリットに加えて所要時間2時間少々で何とか我慢できるレベルだから皆使ってる気がします)ので、新幹線駅へのアクセスが不便な途中駅間の需要が主体になるのかなぁ、とは思いますが。
通りすがり
2016/03/16 20:45
かつての鹿児島本線博多-西鹿児島くらいの距離なので、十分ありかなとは思います。
まあ、人間楽な方に流れがちですけど。
中間駅では十分な勝負になりますね。
Tamon
2016/03/16 22:39
台湾は高速バスが盛んであり、台北―高雄は4〜5社くらいの激戦区だったような。向こうのバスは途中休憩がないので、プユマ号はそれよりは早く高鉄よりは安いということで需要はあると思います。
高鉄開業で無くなったのは西側の航空路線であり、在来線とバスは盛況です。
111
2016/05/15 14:13
台湾の交通は大激戦ですよね。
正直あの程度の人口であんなに輸送需要があるというのが交通ファンとしては羨ましい。
Tamon
2016/05/15 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
台鐵西部幹線で普悠瑪号投入予定 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる