日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 京王新5000系

<<   作成日時 : 2016/03/16 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 3

京王電鉄が2018年春に座席指定列車を導入する(PDFファイル)そうです。中央線にグリーン車が導入されることへの対抗策でしょうか。

これに合わせて、5000系なる新しい系列の車両を導入するそうです。京王で5000系は2代目ですね。なぜもっと若番に戻らなかったのかが疑問です。L/Cカーになるようで、先日西武が発表したのと奇しくも同じです。この機構が、これほどあちこちの会社に普及するとは思いませんでした。平日・土休日の夜間帰宅時間帯に投入するということなので、それ以外の時間帯はロングシートに変換してこの車両を運行する、ということなのでしょうね。

50両投入して100億円というのは、昨今の通勤車両としてはかなり高額です。L/C転換機構もそれなりのコストでしょうけれど、それだけでこれほどの値段になるとは考えづらく、やはり省エネの推進と銘打って車上蓄電装置を搭載することがかなり効いているのではないでしょうか。東京地下鉄が地上の変電所に蓄電装置を設置して、停電時に駅まで列車を非常走行させる実験をやっていましたけど、車上に蓄電装置は実用レベルでは初めてではないでしょうか。車上蓄電装置は、原理的に回生失効が発生しなくなるので、確実に回生ブレーキで止められるようになりますし、停電時に最低限の移動を行うのにも有用です。一方で、車上に追加の装置を搭載することになるので、その重量増のデメリットもあります。またエネルギーの節約分はわずかなので、その費用では到底電池の費用を賄えないので、非常時の有用性をどの程度のコストに見込むか、というところで導入の可否が決まりそうです。

西武がデザインで意表をついてきたのに対して、京王は機構で意表をついてきた感じがします。運用開始が楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
京王では大東急時代に京王線が2000番台、井の頭線が小田急と共に1000番台を割り当てられた過去があって、その後京王線で大きな飛躍となった昇圧時の新型車に5000系と命名、以後順次6000・7000・8000・9000と附番し、その間の井の頭線の新車にはまず3000を付与した後で該当車が全廃となってブランクとなっていた1000を再割り当てしています。

このあたりの経緯を考えると、現在空きになっていても2000やついこの間まで井の頭線で使われていた3000、あるいはあまり縁起のよろしくない印象の4000を京王線の新車に割り当てるというのはちょっと考えがたく、画期的な新車に対する期待も込めて名車5000の名を再用することにした、といったところではないでしょうか。

個人的には、新機軸も入っていることですし、この附番は悪くないという印象です。


通りすがり
2016/03/17 21:27
余談を1つ。

大東急時代の帝都線車両は1400・1500番台に押し込まれていて、その後1700・1710・1800・1900と作って電装解除車を1200番台に押し込んだり戦災復旧車やその更新車を1500番台としたりしたのですが、井の頭線としての画期となったカルダン車には1000系と命名し、同様に大東急時代に複雑な形式を2000から順に2500まで使い切っていた京王線では、戦後2600・2700と作ったところで整理・淘汰で空いた2000をカルダン車に再割り当てして、井の頭線とラウンドな系列名で揃うように細工をした、という面倒くさい歴史があったりします。

正直、そこまでするなら3000とか5000とか使えばよかったんじゃないのか、とも思うのですが、その後登場した3000・5000での飛躍振りを見ると、それはそれで考えて附番していたのだなあ、と思います。もっとも、その割に京王線昇圧後に残存した中型車は貨車並の220系に改称するというよく分からない処置を行っていたりもするのですが。
通りすがり
2016/03/17 21:41
なるほど、付番にもそこまで拘りますか。

車上蓄電装置搭載は、烏山線EV-E301系の例を挙げるべきでしたね。
あれは常時バッテリー走行を前提にするあたり、かなり異色ですけど。
Tamon
2016/03/18 00:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
京王新5000系 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる