日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 北陸新幹線の費用負担

<<   作成日時 : 2016/03/05 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

北陸新幹線の関西方面への延伸について、関西広域連合で費用分担するという考えがあるようです。

整備新幹線の建設に際しては地元負担が発生するのですが、必ずしも負担する自治体と便益を受ける自治体が一致しない、という問題があるのですよね。現在まさに問題になっている、九州新幹線長崎ルートについて言えば、佐賀県内を建設するには佐賀県の地元負担が発生しますが、佐賀は福岡と近すぎて、フル規格新幹線を造ったとしても時短効果がほとんどない、という問題があり、負担と便益が一致しないわけです。北陸新幹線の監査方面への延伸に際しても、滋賀県内を通る場合だと、滋賀県への便益はそれほど大きくないはずです。何しろ、滋賀県内を通る区間が長くなる湖西ルートにしたとしても、大津には駅がありませんし、他にせいぜい1駅置かれる程度でしょう。米原ルートだと駅の増設は無いのではないでしょうか。

福井県はどのルートでもそれなりに便益があるので、費用負担もできそうです。後は京都府と大阪府ですが、こちらも地元負担で良いような気がします。兵庫県などにどこまで便益があるか、という話ですけどね。

並行在来線について言えば、北陸本線の少なくとも敦賀より東側は切り離しでしょうね。湖西線がどうなるのか気になるところです。確かに特急が無くなると、地域輸送としてもそれほど利用が多いわけではないように思います。一方で、新快速の直通があるので、JRにとっても京阪神のドル箱区間の輸送に影響を大きく与える区間を切り離すのだろうか、というところはあります。まだJR西日本としてもかなり考えているところではないでしょうか。

まあ、とにかく早くルートを決めて、着工してもらわないと困りますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北陸新幹線の費用負担 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる