日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 島原鉄道観光列車構想

<<   作成日時 : 2016/03/08 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

島原鉄道で、1号蒸気機関車を復活させて観光列車として走らせる構想があるそうです。もっとも、本物は鉄道博物館に保存されているので、レプリカを造ってディーゼルエンジンで走らせる構想のようですけど。

1号蒸気機関車は、新橋-横浜間開業用にイギリスから輸入された10両の蒸気機関車のうちの1両で、たまたまリストで一番最初に書かれていたから1号と番号が振られただけで、特に1号である必然は無かった、という話もありますね。最初の蒸気機関車であるという意味合いを国鉄当局が特に考えなかったので島原鉄道に払い下げられ、後にその意味に気づいて、「博物館に入れたいので、国鉄のどの機関車とでも交換させてください」、と申し込んだという話があります。まあ、最初の機関車の現物が残っていただけでも良い方で、アメリカもドイツも本当の1号機関車は失われてしまい、現在博物館で展示しているのは模造品である、というところもあります。

記事でも触れていますが、小湊鐵道が「里山トロッコ」なる蒸気機関車風ディーゼル機関車でトロッコ列車を走らせるようになった(トラブルで運休になっていますが)ので、その延長線上でやろうということなのでしょうね。これは面白そうです。島原外港までに路線が短縮されてから行ってないのですけど、久々に出かけてみようか、という気になります。新幹線が開通したら、という話がありますが、島原鉄道の起点の諫早には新幹線が通るわけで、十分島原へ観光客を引き込める見込みはあるのではないでしょうか。これからを期待したいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島原鉄道観光列車構想 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる