日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫新線利用客300万人達成

<<   作成日時 : 2016/06/12 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

姫新線の2015年度の乗客数が301万人に達したそうです。このご時世にここまで利用客を回復したのは素晴らしいですね。1981年度以来34年ぶり、というのが凄いです。

もともと姫新線は、京阪神地区から津山方面への輸送を担っていましたが、ほぼ並行して中国自動車道が開通したことで大打撃を受けて、今のローカル線へと転落してしまいました。国鉄分割民営化の頃にはまだかろうじて急行列車が残っていたのですが、いまや津山近傍だと、日中かなり長大な時間帯に渡って1本も列車が走らないなんていうこともあります。

この長距離輸送を回復するのは非常に難しいので、姫路近郊のある程度人口があって利用を見込めそうなところに絞って利用客の誘致策を講じたようですね。線路の改良と新型車両の導入というそれなりに費用の掛かる対策も実施したようで、かなりの意気込みだと思われます。実際、ここの列車はかなり速くなりました。これならかなり有効に生かせそうです。

姫新線でかなり有効に利用客を増やせたのは、結局のところ、京阪神という鉄道利用が至便な地区がある程度先にあり、そこまで新快速という利便性の高い列車が走っているから、末端でもそこに接続することで利便性を高められた、という点が大きいのではないでしょうか。これがまったくの地方部だと、局所的に利便性を高める改善を行ってもここまでの効果は望めなかったのではないかと思います。

地元としては、単に利用客が増えるだけではなく、観光客の誘客などでどこまで役に立つか、というところが大事なんでしょうね。今後もいろいろな取り組みを期待したいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫新線利用客300万人達成 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる