日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 北陸新幹線の京都府負担金

<<   作成日時 : 2016/06/21 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

最近高速鉄道のルートをめぐって物議をかもし続けている京都府が、北陸新幹線について小浜-京都案を採用した場合は負担金の減額を要求するという話が出たようです。またぞろ物議をかもしますね。

整備新幹線の建設に際しては、地元の都道府県に分担金が割り当てられるので、その部分の負担について言っているわけですね。この分担金は実際にかなり大きな問題で、北陸新幹線を長野まで建設した際には、高崎で上越新幹線から分岐して碓氷峠を登るまでは群馬県内を通るので群馬県に負担が請求されたのですが、群馬県にとっては北陸新幹線のメリットはあまりないわけで、特に県内に1駅も新しくできないのに、というところで揉めて、結局安中榛名駅が設置される原因になった、という話もあります。新潟県内の通過に際しても、上越妙高駅への全列車停車を新潟県側が要求して、分担金の提供を留保するなどの騒ぎもありました。また九州新幹線長崎ルートでも、佐賀県にとってはほとんど速達効果が無いので、全線フル規格にする上での障害になる、という話もあります。

今回は京都府内を通過するので京都府に分担金が求められ、その負担額をめぐって議論を巻き起こしたわけです。JR西日本の考えるままの計画であれば、京都府内には京都駅しかできないはずです。確かに利益が薄いと取れるのかもしれませんが、しかし北陸との連絡を便利にする京都の利益はかなり大きいはずであり、負担を拒否するほどの理由になるものか、と思います。まあ、どうしても舞鶴を周らせたいが故の話なのでしょう。

しかし、舞鶴を周ることによる建設費の増額は相当なものであり、京都府の負担額程度で賄えるような水準ではないように思われます。どのみち無理難題であることには変わりがないのですけど。それにしても京都のこの上から目線、何とかならないものでしょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北陸新幹線の京都府負担金 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる