日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS JR北海道「単独では維持困難な路線」

<<   作成日時 : 2016/08/30 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

JR北海道の「単独では維持困難な路線」に、選ばれた路線を報道しているところがいくつかあるようです。JR北海道公式には出ていないようですけれど、記者が聞き出してきて書いたのでしょうか。

挙げられていたのは、留萌本線深川-留萌、留萌-増毛、宗谷本線名寄-稚内、根室本線滝川-富良野、富良野-新得、釧路-根室、石勝線新夕張-夕張、札沼線北海道医療大学-新十津川で、このうち留萌本線の留萌-増毛と石勝線新夕張-夕張は既に廃止合意済みです。札沼線の末端区間については、真っ先に廃止対象に挙げられていないのが不思議なくらいの閑散区間ですから、まあ当然だろうと思うわけですが、宗谷本線や根室本線が挙げられ始めているのが恐るべき状態ですね。

宗谷本線は、名寄を境に北線と南線と通称されていて、北線はかなり輸送量が少ない状態です。しかし特急が1日3往復運行されている区間であり、長距離輸送の需要がそれなりにあるわけですから、果たしてどうかとも思われます。これをバスで代替するとかなり大変なのは確実ですし、航空がそれほど便利というわけでもありませんし。ここを廃止すると、残る宗谷南線も、直通利用客が失われることになるので、かなり利用客が減ることになるでしょう。

根室本線の末端側は、特急の運行がなく、既に根室も都市規模が大したことないので、本当に廃止されてしまいそうな気がします。一方の始端側は微妙です。特に滝川-富良野は、シーズン限定とはいえ札幌から直通の特急が乗り入れて、それなりに観光客輸送で賑わうこともありますし、野菜輸送のピーク時期にはコンテナ貨物が乗り入れる区間でもあります。時期限定だから困るのでしょうけれど。それからすると、富良野-新得は、あまり大した輸送のない区間ですね。根室本線方面の幹線輸送は、石勝線経由に完全に移行してしまっているので、両端を切ってしまっても幹線輸送に大きな影響がない、という場所です。

国防との関係を主張する人もいますが、現代においてこの程度のローカル鉄道が国防に果たす役割はないと断言できます。いざという時に大量輸送できる、という人もいますけど、ここまで設備を削り落とした、普段からろくな輸送をしていない鉄道に、いざという時だけ大量輸送を求めるのは無理があります。並行している道路で大量輸送した方がはるかに確実で早いです。

釧網本線、石北本線、函館本線の長万部-小樽、室蘭本線の沼ノ端-岩見沢は、今回はとりあえず免れたというところでしょうか。日高本線はどうでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR北海道「単独では維持困難な路線」 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる