日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅田北ヤード工事現場公開

<<   作成日時 : 2016/10/27 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 3

JR西日本が梅田北ヤードの地下化工事の現場公開をしたそうです。これだけの溝ができるほどまで、工事が進んでいるとは知りませんでした。少なくともこの区間では、開削工法なんですね。

この工事で除却される踏切は1か所だけなので、巨額の費用をかける割には効果がわずかだなぁ、と思っていたのですが、阪急より北側で貨物線のガード下をくぐっていた道路2か所が、線路の地下化で頭上の線路が無くなり高さ制限が解除されるため、連続立体交差の条件を満たすのだそうです。そんなところに影響が出るとは。

大阪駅との連絡通路はまだ今後の検討課題とありますね。もうとっくの昔の決まっていたのかと思いましたが、歩行者の通路くらいは後で何とでもなる、ということなのでしょうか。ラッチ内で移動できるようにして欲しいものです。

そして、特に注目したいのは、なにわ筋線への対応です。西九条方はなにわ筋線に対応した線形を採用しているそうですが、準備構造物はないそうです。これは、疑問に思っていたところに実にピンポイントに取材してくれたものです。なにわ筋線建設の、将来的な可能性をまったく否定はしないが、費用を掛けた対応を今の段階でする気はない、ということなのでしょう。

梅田の貨物駅ができる前に、一通り周りを歩き回って写真に収めておいたのですが、こういう工事が進むとなると、改めて歩いて回りたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おおさか東線「新大阪〜大阪駅地下ホーム」の利用開始って思っていたより早まりましたね、新線部分開業したら電車も入れ替えがあるんでしょうかね?まあそんな夢?のことより、質問ですが文中にある「ラッチ内で移動」ってありますがラッチについて説明をいただけたらと思います(簡単なものでいいので)。
とうこ
2016/10/29 16:31
ラッチというのは改札口のことですね。
ラッチ内で、というのは、改札の中で移動できる=一旦改札を出なくても移動できる、という意味です。
Tamon
2016/10/29 19:25
簡潔な回答ありがとうございました、駅ナカ異動で行けますよって感じですね、阪急梅田駅のような動く歩道が設置されたりして?(笑い)。
とうこ
2016/10/30 10:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅田北ヤード工事現場公開 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる