日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS シベリア鉄道北海道延長案

<<   作成日時 : 2016/10/03 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

シベリア鉄道を北海道まで延長したい、という面白い話が出てきましたね。大陸とサハリンの間の最狭部ネヴェリスコイ海峡を橋またはトンネルで越えてサハリンに鉄道を伸ばし、そこから南下して宗谷海峡を渡って日本へ、ということらしいです。

シベリアからサハリンへのトンネルは、ソ連のスターリン政権時代に一度は着工したことがあります。おそらく、当時の技術であっても問題なく建設はできたであろうと思います。もっとも、強圧的なスターリン政権時代に軍事優先であったからこそ着工できた代物で、スターリンが亡くなるとすぐに中止になってしまいました。以下にソ連であっても、経済合理性を無視しきれなかった、ということでしょうね。

サハリン島内の鉄道は、日本統治時代に建設された狭軌の鉄道網がほとんどでしたが、次第にロシア本土と同じロシア広軌に改軌されているとの由。ロシアと直通できるようになれば、それなりの貨物輸送を見込めるのではないでしょうか。まだまだサハリンの経済状況が、経済合理性をもってプロジェクトを推進できるほどには無いようには思いますが。

一方、宗谷海峡トンネルはこれよりずっと渡るべき海峡の幅が広く、難しいです。それでもおそらく、青函トンネルほどには難しくはならないでしょう。しかし日本につないで何のメリットがあるのか、というところがあります。

まず、日本の鉄道網は狭軌であり、そのままでは乗り入れができません。ロシアと中国の国境でやっているように、台車交換方式による乗り入れをするか、コンテナの積み替えが必要でしょう。そしてロシア広軌の区間に比べて日本国内では車両限界も小さいので、日本側の小さな限界に合わせたコンテナしか使えないということになります。このあたりも経済合理性を薄くしてしまう要因があります。

つまり、はるばる大工事をしてシベリアから北海道あたりまで貨車を直通させても、日本の貧弱な鉄道網に合わせたダウングレードした能力しか発揮できず、しかもかなり遠回りなので、日本海を渡って直接船でナホトカやウラジオストクにコンテナを運び込んでシベリア鉄道の貨車に積んでしまうのと、費用や輸送力で極めて難しい競争を強いられることになります。このあたりのことが、どこまで考慮されているのでしょうかね。

まあ、話としては面白いのですが、どこまで真剣に考えられているものなのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「トロイの木馬」にしか思えません。
規格が軌間・軸重以外もあまりに違いすぎますし、メリットが見えません。
旧ソ連諸国を間に挟むと、標準軌同士である中国と欧州でさえ、国境通過が著しく煩雑です。
あちらはポーランドのSUW2000などで台車交換は無しでも済むようにはなっていますが、ほぼ同じ位置にある全く違う規格の自連のために、ネジ・自連両用連結器では済まず、その取替で結局長時間停車する羽目になります。
一方でそこが侵攻される抜け道になりうる。旧ソ連の周りの国で攻め込まれた経験のない国はまずない。
経済的にメリットは少なく、むしろ未だ緊張関係にある以上、非常時に日本側が自国人を生き埋めにしてでもトンネルを潰す覚悟が求められます。
たづ
2016/10/04 21:30
第一波の侵攻にトンネルを経由してくるということは考えづらいですが、空挺部隊などで橋頭堡確保してからの後続部隊の輸送と補給には絶大な威力でしょうからね。なかなか怖い。
Tamon
2016/10/04 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
シベリア鉄道北海道延長案 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる