日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 中央新幹線南アルプストンネル長野工区起工式

<<   作成日時 : 2016/11/01 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中央新幹線の南アルプストンネル長野工区の起工式が行われたそうです。中央新幹線の中で一番の難関となると思われる、明石山脈を貫く南アルプストンネルの長野県側の工区です。山梨工区は既に昨年中に着工しているようです。

どうも中央新幹線の着工のペースは、ずいぶんゆっくりだなと思わされます。あちこちで同時に着工して次々に工事して行くのが、工期を早めるために必要だと思うのですが、そうなっているように見えません。特に難工事で工期が長くなる場所から着工して行くことで、同時期に完成が揃うように狙っているのでしょうか。トンネル工事など、正確に工期を読むのは難しいのですけどね。工期が延びるのは、借金で建設している以上金利が膨らむばかりで、得策ではありません。それでも、品川駅と名古屋駅は既に着工したはずなので、やはり3大難工事として挙げている両端の大深度地下駅と中間の南アルプストンネルは、既に手が付き始めたということなのでしょう。

整備新幹線の工事がもっと遅いことを知っていると、さすがに民間会社ではこのペースで工事ができるのだな、と思ってしまいます。品川-名古屋は2017年開業予定なので、実質的に工期は10年程度ですからね。大深度地下区間では用地買収が不要とはいえ、用地はやはりネックのようで、中日本高速の用地調達部隊の支援を得るという話が以前出ていましたね。

そろそろ、次々に着工の話が出てくるのではないかと思うのですが、どうでしょうか。首都圏や中京区間の大深度地下トンネルもどんどん工事して行かねばなりませんし、大きな山脈を越えるところでは、木曽山脈を突っ切る区間もあります。こちらは、少し南を中央道の恵那山トンネルが通っていますし、鉄道でも中津川と飯田を結ぶローカル線が計画されて一時は着工もされて未成に終わった区間ですから、未だに横断するまともな交通路がない南アルプス区間よりははるかに地質を読みやすいのでしょうけどね。

しかし、2027年というとはるか先という印象でしたけど、こうしてみるとどんどん近づいてくる気がしますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中央新幹線南アルプストンネル長野工区起工式 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる