日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 新たな長距離列車の示唆

<<   作成日時 : 2016/11/29 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 3

JR西日本の豪華クルーズトレイン「トワイライトエクスプレス瑞風」が、来年6月17日に運行開始するそうです。値段は、JR九州の「ななつ星」なみでしょうか。こんなものかと思いますが、「ななつ星」の方が同種の超豪華ツアー限定列車として日本国内で初めてだったのと、煽り方が上手かったこともあり、かなり事前に話題になって申し込みが殺到していたことからすると、JR西日本はどうだろうな、と思わされます。やはり、九州はこういう商売がJR旅客6社の中でもピカイチにうまい気がしますね。

しかし、同時に社長がほのめかしている、新たな長距離列車でもっと気軽に楽しめるものを、という構想が気になります。まだまだほんのほのめかし程度なので、本当に実現するのか、実現するとしてもいつになるのかわからない程度のものですけど、気になりますね。「ななつ星」だって、だいぶ前に水戸岡鋭治氏が新たな寝台列車の話があると言っていたことが最初の露出だった気がしますし。

北陸新幹線が敦賀まで伸びてくると、「サンダーバード」「しらさぎ」に使われている681/683系が大量に余剰になります。大阪側から敦賀までは直流化されているので、直流車で済むことになります。そうなると、この余剰車を使ってなにかやるのではないか、という観測も流れています。もし、これが「新たな長距離列車」に転用されるのなら面白い話です。しかし、本当にそうなるかどうかは全く読めないところですね。

JR西日本は、「サンライズエクスプレス」を製作するなど、JR各社の中では比較的寝台列車に積極的であったとされます。それを考えると、案外新たな寝台列車などをやろうという話が出ているのかもしれないと期待してしまいますが、旧来型の寝台列車ではいまさら採算が取れようもないことはわかっているはずで、どんな形になるのでしょうか。首を長くして待つことにしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
618・683系の新たなる職場で直流区間オンリーとなると交流機器の存在を見なかったこととして使うしかないでしょうね??まだまだ新しいグループなわけで一部分の列車は交流区間のある能登半島の駅まで繋いで走ってくれそうな気もするんですがどうでしょうね?
とうこ
2016/11/30 10:44
上記で誤記載してしまいましたすいません
誤618・683系→正681・683系です失礼しました。
とうこ
2016/11/30 10:46
683系を289系に転用して、交流機器を殺して使っていますからあんな感じでしょうけど、そもそもJR西日本管内でそれほど直流特急電車の必要な範囲ももう残っていないという。特急で国鉄車が残るのはもう、「やくも」の381系くらいですな。
Tamon
2016/12/01 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
新たな長距離列車の示唆 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる