日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS クローズアップ現代プラス地方鉄道問題

<<   作成日時 : 2016/12/13 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日22時からのNHKクローズアップ現代プラスで、地方鉄道の問題が取り上げられました。

名古屋大学の加藤先生が出演するということで期待していたのですけど、さすがにこの程度の時間で詳しく説明するのは難しいですね。加藤先生のツイッターでのコメントによれば、広く問題をわかってもらうために簡単な説明をしたということだったので、詳しくは突っ込めなかったのでしょうね。JR北海道の島田社長のインタビューも、わざわざ単独インタビューをしたにしては、放映時間は短かったですし、なかなか難しいものです。

既に鉄道は単独採算でやっていくことができる時代ではなく、赤字でも公共サービスとして税金を投入して維持していくべきものだと捉えるようにしなければならない、というのが加藤先生の発言の趣旨でした。これはまったく、欧米諸国では40年から50年前に通った道ですね。日本はなまじ、自動車の普及がやや遅く、圧倒的な人口密度の高さと比較的鉄道をよく利用する国民性のおかげで、鉄道の採算性が保たれてきた面があったのですが、道路の整備が進展し、かつ地方だけでなく都市部でも人口が減少するようになると、もはや限界です。そろそろ発想の転換が必要でしょう。もっとも、無制限に税金を注ぎ込んで、地方路線を維持せよということにもならないでしょう。

地元の参加が重要、ということで、鳥取県の若桜鉄道の例が説明されていました。地元の自治体が費用を大きく負担するだけでなく、住民も参加して守り育てる活動をしているのですよね。結局、住民が自分たちのこととして取り組むようにしなければ、維持することができない時代になっています。それでも、若桜鉄道の場合はかなり厳しそうに見えますね。

もう少し深く突っ込んだ番組を期待したいのですけど、難しいのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その番組見逃しました惜しいことしました、JR北海道さんは厳しいみたいですね、観光路線までアウトなんですからね。
とうこ
2016/12/14 15:33
観光はあくまでおまけですからねぇ。
地元の人が乗ってくれないと厳しいです。
Tamon
2016/12/15 01:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
クローズアップ現代プラス地方鉄道問題 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる