日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS JRグループ2017年3月ダイヤ改正

<<   作成日時 : 2016/12/16 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

JRグループの2017年3月ダイヤ改正の内容が発表されています。2016年のダイヤ改正は、北海道新幹線の準備期間を十分取る関係もあって通常より遅めでしたが、2017年のダイヤ改正は今度は早めのようで、3月4日ということのようです。

北海道は、事前に公表されていたように、宗谷本線と石北本線の特急が旭川で一部系統分断になりました。旭川で分割される系統は、宗谷本線が「サロベツ」、石北本線が「大雪」だそうです。「大雪」は、愛称としては久々の復活です。直近では、客車列車だった頃の石北本線夜行急行がこの名前だったと思います。一方、函館本線内では、青函トンネル区間の在来線特急「白鳥」に使われていた789系が転用されてきて、グリーン車付きの特急として札幌-旭川間に運用されるようで、グリーン車なしの列車と併用されるようです。

東海道・山陽新幹線では、山陽区間のATC-NSの一段ブレーキが使用開始されるようで、「のぞみ」タイプで1分短縮されるそうです。東京-博多間は最短4時間46分だそうで、さらに所要時間が更新されました。全体にちょっとずつ短縮されていますね。4時間46分というとかなり縮んできた印象です。300系「のぞみ」が東京-博多間で運転開始した頃はまだ5時間4分かかっていたのですよね。山陽新幹線開通の頃だと、6時間50分だったと記憶しています。まさに劇的な短縮です。でも、もう1分単位で絞り出すような短縮になってきていて、これ以上は大きく期待できないでしょうね。また大半の「のぞみ」はそんなに速くないようです。

新快速がすべて12連になるそうで、これはかなり改善です。しかし、相変わらず休日の京都方面などは深刻な混雑で、12連でも足りない感じがします。15分間隔の運転をヘッドカット(12分や10分間隔に)して欲しいのですけど、アーバンネットワークでは各路線が連携したパターンダイヤを組んでいるので、新快速だけパターンを変えるわけにはいかず、全体をヘッドカットするとなると大事です。そして、本線は貨物列車も頻繁に走っているので、ダイヤ構成が非常に難しいのですよね。

そして、蓄電池電車が大幅に増加しますね。烏山線のEV-E301系は、ごく一部の列車に運用されるだけで、あれだけ大きなイベントを烏山駅で開催した割にどうしたことか、と思っていたのですけど、今度の改正でキハ40は撤退して、全列車がEV-E301系になるようです。本格的に蓄電池電車に置き換えていくことにしたのですね。そして男鹿線にEV-E801系が投入されます。JR九州でも、BEC819系で若松-折尾間をすべて運転するようですし、かなり蓄電池車両が実用的になってきたようです。これで、どれくらいバッテリーが持つのでしょうね。

全体に、コツコツという感じの改正です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今後の京阪神新快速は昔やっていたような15連運転も視野にってかもね。

Ps,昔は荷電も含んでの編成量です、大阪駅や京都駅なら対応化と思われます。
とうこ
2016/12/17 14:46
大駅は対応しているのでしょうけど、高槻とか芦屋とかどうでしょうね。15連だと編成をどう構成するのかも難しいかも。
Tamon
2016/12/18 02:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
JRグループ2017年3月ダイヤ改正 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる