日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS エアコン設置

<<   作成日時 : 2016/12/04 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、新居にエアコンを取り付けてもらう工事をしました。本来はベッドやカーテンなどを導入する予定だったのですが、先にカーペットを敷くことにしたので、引っ越しの前日にこうした作業をすることになりました。したがって、今日はガスの開栓とエアコンの取付だけになりました。

ガスは、朝9時半頃にやってきて、早速元の栓を開く作業をして、室内でガスの供給状況を確認し、ガス器具の使い方の説明をしてすぐ終わりました。東京で一人暮らしをしていた頃に、湯の供給だけガス湯沸かし器を使っている部屋に住んでいて、それ以来の都市ガスの利用です。会社の寮は自室に給湯や調理の設備はありませんでしたし、今の部屋はオール電化でしたし。やはり、料理はガスの方が良い気がします。

エアコンの方は11時半頃にやってきました。2人でワゴン車でやってきて、2台のエアコンを運び込みました。今まで使っていたのが薄いエアコンだったのに対して、今どきのはかなり厚みがあるように思います。いろいろ機能を付け加えたからでしょうか。室外機も意外と巨大でした。能力の大きなエアコンだからでしょうね。寝室側は、1階まで配管を降ろして1階に室外機を設置する構造でした。エアコンの取り付け取り外しは実はこれまで見たことがなかったのですけど、金具を壁にねじ止めしたうえで、その金具に本体をひっかける構造なのですね。まあ、ありがちです。冷媒配管との接続などを確実にやる必要がありますし、それなりのノウハウがありそうです。見てやり方を覚えれば、自分でやることもまったく不可能ではなさそうですけど、ここまでの手際では無理ですね。1時間とかからずに2台を取り付けて帰って行きました。

部屋にいても結構冷える日でしたけど、試験的に暖房を運転してみたところ、あっという間に部屋を暖めてしまいました。なかなか強力な暖房能力があるんですね。新しいエアコンですし、冷媒もまだ十分でしょうから、夏も強力な冷房能力を期待できそうです。

その後、連れにうちに一緒に来てもらって、6年間使ったロフトベッドの解体作業をしました。1人でやるのは困難だったので手伝ってもらいました。この部屋にやってきたときには、1人で組み立てたのですけどね。部屋が荷物でいっぱいの中で、何とかあっちへこっちへ荷物を動かしながらベッドを解体しました。とりあえず分解した部品が倒れてこないように、壁に養生テープで固定してあります。木曜日の朝に大型ごみとして回収してもらう手筈なので、水曜日の夜には外に出しましょう。そうすると、やっと部屋の中がある程度空くので、最終的な梱包作業ができます。これで寝る場所が無くなったので、荷物をかき分けて床に布団を敷く予定です。いやあ、さすがに引越というのは大変です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エアコン設置 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる