日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 平城宮跡近鉄奈良線移設構想

<<   作成日時 : 2017/01/10 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

奈良県が、平城宮跡を横断する近鉄奈良線の移設を検討しているそうです。以前からの懸案ですね。

近鉄奈良線が、大阪電気軌道として建設された時代には、文化財の保護といった考えは弱かったので、堂々と平城宮跡を横断して鉄道が建設されました。その後、遺跡の保護が重視されるようになると、そこを走っていることが問題になりますが、しかしいまさら他の場所に移設するのは容易ではないということで、そのままにされてきた経緯があります。むしろ、遺跡があるゆえに高架や地下への移設も困難という問題がありました。

特に、この区間の西側にある大和西大寺駅は、近鉄奈良線に近鉄京都線、近鉄橿原線が交差していて運行管理が大変複雑な駅となっているのですが、ここを立体交差化することがほぼ不可能である、という問題があります。ここも、平城宮には当たらなくてもほぼその外域の遺跡地帯です。まあ、仮に遺跡の問題がなかったとしても車両基地への出入りまで絡むこの駅を、どうやれば立体交差化して線路容量を拡大できるかは、設計が難しいところではあります。

そして、地下を掘ると地下水が変動して、埋まっている木簡が影響を受ける、という問題もあるそうです。木簡は文字通り木であり、地下水に浸されている限りにおいては保存されているものの、一旦乾くとあっという間に腐食するのだそうです。となると迂闊に近くで掘れません。これは、リニア中央新幹線の経路選定にも影響するのではないかと思っています。

新たな提案経路は、車両基地の東側に沿って一旦南下し、平城宮跡の南側を東西に走る幹線道路に沿って奈良へ向かうもののようです。ここに高架または地下、ということなのでしょう。今までよりも若干遠回りになりそうですが、経路自体には大きな問題はなさそうです。新大宮駅は、若干南側に移設されることになりますが、平城宮跡の南側に新駅を設置する、なんていうこともありえるかもしれません。しかし、平城宮跡域外で道路があると言っても、掘ったら何が出てくるか分からないのがこの地域ですし、本当に遺跡を回避してほれるのだろうか、と思います。それを考えれば、近鉄奈良駅の地下化はよくやったものです。

まあ、話としては面白いのですけど、どこまで進捗するかは疑問ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
基本近鉄は代金を支払ってくれて、ややこしいルートを「国が責任をもって設定してくれたら」工事OKって言ってくれる、そういうお会社です、ただルートが変わると新大宮駅付近の住民が騒ぎそうですが・・?
でも毎年この時期にこの手の話題が定期的に出てきますね!?
とうこ
2017/01/12 15:57
大和西大寺の平面交差の問題といい、長年のネックですからね。そして結局解決しないというのも長年変わらない。
Tamon
2017/01/12 22:52
記事の図面を改めてみてから用事で西大寺車庫付近を電車から見たのですが、近鉄も闇?で奈良線移動の用意?のレール(橿原より)が高架道路の足元に伸びているんですよねうまくすると大和西大寺駅問題も含めて前進できるかも??知れませんね。
とうこ
2017/01/15 11:58
本線にする用意のレールがあるんですかね。
うまくいけばよいのですが。
Tamon
2017/01/15 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
平城宮跡近鉄奈良線移設構想 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる