日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神なんば線淀川橋梁架け替え発表

<<   作成日時 : 2017/01/11 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 3

阪神なんば線の淀川橋梁が架け替えられるそうです。あの橋だけかなり低い位置に架設されているんですよね。

記事によれば、1924年設置ということなので、阪神が本線の急行線計画をしていた頃に伝法線として建設された時のものが、そのまま残っているということになりますね。阪神は、阪急対抗もあって本線の複々線化を当時計画しており、今でも御影付近の高架橋などに一部造り掛けた名残があります。東側では、大阪まで腹付線増するのは難しいということなのか、尼崎で分岐する現在の阪神なんば線を伝法線として建設し、伝法で北東方向へ向きを変えて、野田で本線に復帰し、梅田へ向かうという構想だったそうです。梅田の地下駅へのアプローチは、当初から複々線にすることが想定された設計だったのだそうです。

1924年だと、鉄道省(国鉄)の設計もまだフィート・インチ単位だった頃で、この橋ももしかしたらフィート・インチで設計されているのかもしれません。現地に行って銘板を見たり、文献調査したりしなければなりませんが。

これに対して上流側にある阪神本線の橋は、1967年に架け替え工事が完成しているので、現代の橋です。この時代になるともうだいぶ橋の構造が頑丈になって、余裕度が違うのですよね。

掛け替え工事がどのように進捗するのか興味深いです。かなり長い工期を取っているようで、前後の切り替えも含めて大変なのでしょう。できれば、写真に記録しておきたいところですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
やっと大阪市を水害から守る一手が進行するんですね、真剣に一刻も早く行ってほしい計画です。

それにしても恐ろしく、淀川の水面に普段から近いんですよ。
たぶんですが近鉄も乗り入れの関係で裏から資金援助ぐらいしたりして?〈特に特急乗り入れ関連で!!〉
とうこ
2017/01/12 15:38
古い橋だと結構水面ギリギリのところを通っているものがありますね。
今回は治水工事の一環のようなので、おそらく国土交通省がかなりの費用を負担して、阪神の負担はそこまで大きくないと思います。
Tamon
2017/01/12 22:51
あの阪神さんをその気にさせてくれたものです、ありがとう、「国土交通省」だね。
とうこ
2017/01/15 11:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神なんば線淀川橋梁架け替え発表 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる