日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS JR北海道札幌圏の問題

<<   作成日時 : 2017/01/23 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

東洋経済オンラインで、JR北海道は「札幌圏」の黒字転換をできるのかという記事が出ています。何しろ、管理費を込みにすると1か所も黒字路線がないですからね。

やはり、快速「エアポート」は、この手の提案において軸ですね。現状15分間隔で走っている列車を、12分間隔にしよう、という話が出ています。しかしパターンダイヤが崩れるとあちこちに影響が出ますしね。札幌貨物ターミナル駅の平面交差の問題があったとは知りませんでした。時隔短縮となると、信号システムにも手を付けなければならないという話が出ており、かなりハードルは高そうです。

2階建て車両は、かつての鉄道雑誌において、uシートの車両(座席指定車両)にだけ導入を検討、という話を見たことがあります。だから実際に事業者側でも検討したのでしょうけれど、この記事を見る限りでは難しいようですね。自由席として開放する時が問題なら、完全に運用を分離してしまうという方法もありますけどね。

いかんせん、千歳線はダイヤが混み過ぎですし、新千歳空港駅をケチりすぎているというところがあります。ここをなんとかしないとどうにもなりません。本来なら混雑しすぎていることは、鉄道会社にとってはうれしいことなのですけどね。

利用の少ない地方路線に対策をするよりは、はるかに役に立つ話なので、なんとか増強策を期待したいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「管理費を込みにすると1か所も黒字路線がないですからね。」この部分はどの鉄道会社にも厳しい部門・路線区間を持ってますね、会社によってはどんぶり勘定になっていてわかりにくいとこもあるんでしょうけどね?。大阪市交通局もJR西日本もはっきりわかる黒字路線と赤字路線を内包してますね。
とうこ
2017/01/26 15:55
まあ、今どき黒字路線だけという事業者は珍しいですよね。
大手私鉄でも郊外の方だと厳しそうです。
Tamon
2017/01/26 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR北海道札幌圏の問題 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる