日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャカルタ-スラバヤ間高速鉄道

<<   作成日時 : 2017/01/05 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 6

インドネシア政府が、ジャカルタ-スラバヤ間約720km間の高速化構想を打ち出しているそうです。ジャカルタとバンドンの間の高速鉄道は中国に発注したばかりなのですが、今度はジャカルタ-スラバヤ間の準高速、ということのようです。

しかし、ジャカルタ-バンドンは約140kmなのに対して、ジャカルタ-スラバヤは約720kmだそうですので、資金面はともかくとして、前者が高速鉄道で後者が在来線改良、というのは納得しづらいところがあります。距離の長い区間の方が高速鉄道が有効なわけですし。そして、インドネシアの在来線はJR在来線と同じく1067mm軌間であり、高速化には限度があります。リンク先記事では5時間ほどまで、とありますが、5時間台と書いてある別記事も見かけました。仮にぎりぎり6時間だとして、平均速度は120km/hを超える必要があり、これは日本で在来線時代の「はくたか」や、130km/h運転を諦める前の「スーパー北斗」などを上回る水準です。おそらくこれを実現するためには、最高速度160km/hでも厳しいのではないかと思います。途中の停車駅の状況や区間による制限速度次第のところもありますが。

それだけの改良をするなら、高速鉄道を造ってしまった方が同程度の費用でより大きな効果を得られる、というのが大抵の場合に真なのですけど、この場合どうなんでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
言葉の綾といいますか、「在来線改良」という言葉が非常に含みを持ちすぎますね。
1067mm軌間で700km近くに亘って160km/h走行するというのは、日本も全く経験していません。保守基準は標準軌の200km/hより厳しいでしょうし、下手をするとランニングコストばかり膨らみます。
しかし、英語(まあ恐ろしく拙いですが)でも検索してみましたが、軌間についての一切の言及がないのです。
つまり、山形新幹線のような標準軌化した在来線に、200km/h弱で走る高速バイパスを加えたものであっても、「在来線の改良」と言いのけてしまえるのです。160km/hは大体の場合で直流1500V電化での送電の限度に近いですし、今となっては交直流電車もさほど特殊な存在ではない。
標準軌の電車が別線区間だけ交流電化で無理をしない範囲でそこそこ高速に走る、と言うものではないでしょうか。都市部のターミナルが建設費でもかなりの割合を占めますし、3線軌で多少中心線がずれても同じ土地を使って走れるのであれば、多分費用対効果が大きいのではないでしょうか。
ガイド本などで曲線に対する限界式を割り出してみましたが、概ね非振り子標準軌・振り子狭軌が4.5√R、車体傾斜標準軌が5.44√Rのようです。200km/hでよければ逆算して1400m〜2000mの半径でよくなります。
なお、「高速鉄道」と銘打たないのは国際入札で「高速鉄道」を勝ち取った中国への対応、UICの今の定義では新設線の最高速度が250km/hに規定されていることが要因だと思われます。
たづ
2017/01/06 20:32
そこまでするとほとんど新線建設と変わらないですね。
踏切対策までやろうとすると凄く大変でしょうし、素直に新線を勧めたいところです。
Tamon
2017/01/06 21:33
勿論、新線建設が素直な解であることは承知しております。ただ、経済力だけでなく軍事力・政治力も大きな国と結んだ契約を正面から崩すのは別の面でリスクが高いので、色々と方便を使うとこういう答えも書ける、というだけのことです。
ところで当該区間は戦前のオランダ領時代、蒸気機関車で狭軌の120km/h運転をしていた区間ではありませんか?それも1.6m動輪での。
たづ
2017/01/06 22:55
私はどうしても技術的な視点で見ますからね。政治的な事情は難しい…。
確か、戦前はこの区間をS1000が走っていたはずですね。
Tamon
2017/01/07 01:20
見通しの悪い蒸気機関車で120km/h運転ができた、ということは、障害物が少なく、踏切なども極小で線形がいい、ということになります。狭軌のままでも電車ならば160km/h運転までは可能なのでしょう。もっとも回復力に乏しく、何らかの理由で遅れると最後まで遅れたまま走るしかない性能しか得られません。
ただ、最初から「改軌」を前に出すと眼中にない欧州勢が出てくるので、それは「プランが固まる」(実は発表する)最後まで伏せておいて、日本式の高密度運転を前提に日本と契約し、200km/hを僅かに下回る程度と高加速力(N700系なみの)を得るため標準軌に、となるのかもしれません。
何両で走るかによりますが、概ねN700の45%程度の単位あたり出力があれば良いようです。なので電源は直流1500Vで変わらずだと思います。
たづ
2017/01/07 15:45
現行の線路でそこまで線形がいいのかなぁ。
それならディーゼルでもがんばれば結構出せそうな気も。
後は保線側との相談もありますね。
Tamon
2017/01/09 00:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャカルタ-スラバヤ間高速鉄道 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる