日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲・有馬

<<   作成日時 : 2017/02/12 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、有馬温泉に出かけることにしました。車でなく電車で行くことにしたので、神戸電鉄に乗るルートが普通ですけど、妻に聞いたら、六甲山上を越えていくルートでもよいとのことだったので、そちらに行ってみました。

阪急神戸線を六甲で降りて、神戸市バス16系統に乗車します。このバスはかなりの本数が設定されていて、1時間に5本くらいはあるので、ほぼ待たずに乗車できます。それでも混んでいて、途中まで座ることができませんでした。山へ向かうバスは、乗客が降りていく一方だったので、途中では座ることができるのですけど。やはり神戸は坂道が多いために自転車の利用が普及せずに、バスの利用が多いのだろうと思います。

終点の六甲ケーブル下で降りて、六甲ケーブルの窓口で六甲有馬片道乗車券を購入し、ケーブルカーに乗りました。冬なので利用者は少ないかと思いきや、側面がオープンになっているほうの車両はほとんど乗っていないものの、ちゃんと覆われた車両の方はほぼ座席が埋まるくらいの乗客がいました。冬でも休日にはそれなりの観光客がいるものです。例によって、外国人らしき人も結構いました。

山上に到着すると、神戸の街の景色を少し眺め、すぐに山上バスに乗り換えました。意外にも、六甲スノーパークで降りる人がかなりいますね。スキーをする人がかなりいるのですね。我々は六甲ガーデンテラスで降りて、雑貨屋さんを覗き、展望台で景色を眺め、そして昼食をとりました。こういう場所もなかなかいいですね。しかし、天気が変わりやすく、一時はかなりの雪になっていました。周りは積もっているところも結構ありますが、行動に支障があるほどではありませんでした。

ここからは、六甲有馬ロープウェイの六甲山頂駅までは歩いてすぐで、たどり着いてしばらく待って、ロープウェイに乗りました。こちらも、かごがほぼいっぱいになるくらいの乗客で、意外と利用客はいるものです。明日から保守作業のために2月の間は運休だったのだそうで、ぎりぎりでした。やはり、紅葉シーズンに来てみたいものです。

有馬温泉駅に着くと、歩いて温泉街へ降りていき、「金の湯」に入りました。やはり温泉は温まり方が違いますね。妻も、肌がきれいになったようだと喜んでいました。温泉街の店でコーヒーとお菓子を食べて、自宅に持ち帰るお菓子を買うと、神鉄の有馬温泉駅から電車に乗って帰途に就きました。直通バスということも考えたのですけどね。

神鉄の有馬口駅は、脱線事故後の初の訪問だと思います。当たり前ですが特に何もなく乗り換え、帰ってきました。やはり冬の温泉はいいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
六甲・有馬 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる