日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 大規模なインフラ整備の提案

<<   作成日時 : 2017/02/15 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本プロジェクト産業協議会というところから、大規模なインフラ整備の提案が出ているようです。なかなかの大風呂敷ですね。

第2青函トンネルは、これまでも何度も話が出ています。以前にも書いたと思いますが、鉄道輸送の観点では、20パーミル勾配を許容してトンネルを短縮することは、あまり意味がありません。なんといっても、それでトンネルの出入口になるところにアクセス線路がありませんので、新たにアクセス線路を整備するためにかかる費用は、トンネルを長くした場合と大差がないはずなのです。

ガスパイプラインを装備するというのはまだわかりますが、送電線の共同溝というのはあまり意味がありませんね。北本連系で既に海底送電線があり、さらに第2系統として既存の青函トンネルにも送電線が整備されているところです。これ以上増やさなければならない理由がちょっと思いつきません。いずれにせよ、海底トンネルに送電線を整備するためには直流送電が必要で、かなりの費用がかかります。

自動車トンネルにするのは非常に難しいだろうと思います。自動無人運転車に限定、ということですが、仮にそれで事故の問題を排することができたとしても、今度は給排気の問題がどうしてもあります。内燃機関車が多い間は、安価に長大トンネルを実現するのは無理ですよね。電気自動車を期待したいところです。

新宿第2ターミナル構想は、なかなか壮大ですね。上越新幹線の乗り入れだけでなく、羽田空港アクセス線、京葉線、中央線新線と整備しようという構想のようです。これは地下に壮大なプラットホームスペースを要するので、大変な費用がかかりますね。

新福岡空港は、滑走路増設工事をやっている段階でこんな話になるのでしょうか。この建設をしたら、せっかく造った新滑走路はすぐに無駄になってしまうわけですが。仮に福岡空港が沖合移転したら、現状空港が便利なために航空が強い対福岡の都市間輸送で、新幹線がぐっと有利になりますね。

現状、日本のインフラ整備はずいぶんしぼんでしまって楽しくないのですけど、これくらい壮大なことを見てみたいものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大規模なインフラ整備の提案 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる