日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 高岡やぶなみ

<<   作成日時 : 2017/02/16 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

あいの風とやま鉄道が、西高岡-高岡間に開設する新駅の名前を高岡やぶなみに決めたそうです。やぶなみ、という言葉を初めて聞きました。大伴家持の時代の地域名なのだそうです。

しかし、また変なひらがな駅名だな、と思ってしまいます。ひらがなにしたことで長くなっていますしね。京阪大津線の駅名改称の記事でも書きましたけれど、駅名は地名であり、簡潔に限ります。まあ、西高岡という方角を冠した駅名がすでに隣にあるうえ、新高岡も新幹線の駅名にあるので、その手の冠称を付するやり方ではもう限界があるのですけど。候補に挙がっていたという越中高岡もどうかな、という感がありますね。もっとローカルな地名でもよかった気がしますが。

地元の地名感覚がわからないのでなかなか選択しづらいのですけど、地元はどう思っているのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「藪波駅(やぶなみえき)」というのが加越能鉄道加越線にありましたが、隣接する小矢部市域だということ(この中に「藪波村」が入ってますが藪波自体は一帯の総称)、廃線の駅というのがゲンが悪いというのでひらがな+市名(接頭)なんでしょうかね。
たづ
2017/02/19 18:07
加越能に既にあったのですね。
廃駅の名前まで想起していたかはよくわからないですが…、漢字だとそうなりますか。なるほど。
Tamon
2017/02/19 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
高岡やぶなみ 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる