日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 小海線に新保安装置導入予定

<<   作成日時 : 2017/02/28 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 1

2019年をめどに、小海線にATACSベースの閑散線区用保安装置を導入するそうです。いろいろ気になることが書かれていますね。

ATACSベースの無線通信式保安装置を導入するというのに、ATS-Pも導入する、というのがよくわかりませんね。ATACSの側に、車上データベースを使って曲線や勾配の速度制限を適用する機能はあるのですが。どこをどう組み合わせているのか、よくわからないです。この記述だと、駅部だけに無線通信を導入するように見えますが、本来的にATACSは連続通信のシステムのはずで、そのあたりがどう改修されているのかも気になります。

どう見ても、電子閉塞のシステムの置き換えですよね。電子閉塞は国鉄時代末期に開発されて、それまでタブレット閉塞だった線区に導入されて、多数の信号扱い要員が合理化される要因となりました。しかし既に一部の部品の生産が終了していて、機材の更新が困難になっていて、JR西日本も先日境線のシステムを新しいものに更新しました。JR東日本はまた別のシステムを導入するわけですね。

そのうち、『鉄道と電気技術』あたりで詳細が発表されるのでしょうけど、どうでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
国鉄時代なら最新のアタックス無線信号システムを全国展開だったんでしょうねw
とうこ
2017/03/04 16:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
小海線に新保安装置導入予定 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる