日々題

アクセスカウンタ

zoom RSS 島田社長インタビュー

<<   作成日時 : 2017/03/30 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

毎日新聞のウェブサイトに、JR北海道の島田社長のインタビューが3ページにわけて掲載されています。1本目2本目3本目

年間に中途採用を含めて約270人を採用している一方で、今年度の中途退職が100人を超えた、というのはなかなか深刻な状況です。技術をわかっている人がいないと鉄道は動かないですからね。もっとも、JR北海道が称する維持困難路線を全部廃止するならば、要員数はかなり縮小しなければならないので、それに沿ったものになっているのかもしれません。もちろん、廃止懸念が出ている路線を維持する要員の数は、札幌圏の利用の多い路線からするとかなり少ないはずですし、流出している人は技術力や企画力のある優秀な層ではないか、という感じもあるのですけど。

運賃値上げはやはり検討課題のようですね。札幌圏では運賃値上げができるのではないかと思っています。そうすれば、少なくとも札幌圏の路線は、管理費を含めても黒字転換できるのではないかと思います。「エアポート」の編成両数増結は技術的に難しいとだけ触れているので、新千歳空港駅の改造のような大工事は考えられていないのでしょう。また、JR貨物の線路使用料に関して、国鉄分割民営化の時に定められたルールだからとアボイダブルコストの見直しは考えていないとしつつ、青函トンネルの利用に関しては新しく出た部分なので見直しの余地がある、と考えているようです。なるほど。

しかし、北海道においてJR貨物の利用は全国に比べるとかなり盛んであるとはいえ、運賃の安さで選ばれているという面があり、そこに負担をかけるとますます鉄道貨物の利用は減ってしまいかねないという問題があり、なかなか難しいところです。

JR北海道は、もう少し将来展望が見えてくると良いのですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島田社長インタビュー 日々題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる